側鎖説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

側鎖説(そくさせつ)とはパウル・エールリヒが提唱した説である。抗体がどのように産生されるかについて、「白血球表面に多種類のレセプターがあり、これに抗原が結合すると、細胞は刺激されレセプターを多量に分泌し、これが抗体となる」という考え方。Landsteinerらの人工抗原の研究から否定されている。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
高木美帆 松田賢二 宮澤智 沖田杏梨 田所あずさ 初音映莉子 金子智美 高木菜那 吉田知那美 仲井戸麗市 羽生結弦 橋本マナミ 本橋麻里 チョ・ジェヒョン 千原ジュニア 大杉漣 辺見えみり 西郷輝彦 左とん平 藤澤五月
「側鎖説」のQ&A
1  Seitenkettentheorieの読み
2  「誘拐」を描いた傑作を教えて下さい!
3  ブランコが自発的に揺らせられる根拠は?
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について