側鎖説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

側鎖説(そくさせつ)とはパウル・エールリヒが提唱した説である。抗体がどのように産生されるかについて、「白血球表面に多種類のレセプターがあり、これに抗原が結合すると、細胞は刺激されレセプターを多量に分泌し、これが抗体となる」という考え方。Landsteinerらの人工抗原の研究から否定されている。

関連項目