偽ニュースサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

偽ニュースサイト(にせニュースサイト)は、偽のニュースを配信するWEBサイトである。

概要[編集]

偽ニュースサイトは偽ニュースを配信するサイトであり政治や社会、健康等の普通のニュースが配信するようなニュースを真実であるかのように配信する。また偽ニュースは自らを偽ニュースサイトとは明示せず騙す、またはセンセーショナルなインチキで広告収入を得ることが目的とされるもので、虚構新聞のように、偽と明示したニュースを配信しているジョークサイトとは異なる[1]。またデマを検証せずに拡散するサイト、偽のニュースの配信がかなり多いサイトも偽ニュースサイトといえる[2]

社会的影響[編集]

2016年アメリカ合衆国では偽ニュースサイトのブライトバート・ニュースネットワークの記事を信じた男が、武装してピザ屋を襲撃する事件が起きた。またアメリカ大統領選挙に影響を与えたと物議をかもしたSNSサイトのフェイスブックは、偽ニュースを排除する方針を示した[3]。アメリカ大統領選挙に絡んで、マケドニアでは広告収入を目当てに偽ニュースサイトが数多く立てられ、中には700万円も稼いだ者もいたとされる[1]

また、ある偽ニュースサイトが報じた「イスラエルの前国防相が、もしパキスタンが過激派組織「イスラム国」(IS)対策でシリアに派兵した場合、「核攻撃でパキスタンを破壊する」と語った」という虚報を、パキスタンの国防大臣が信じ込み、核で報復するとツイートして騒ぎになった[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「トランプ支持者向けの偽ニュースで700万円稼いだ」マケドニアの若者が証言
  2. ^ ピザ屋が襲われる米国「偽ニュース」の深刻度
  3. ^ a b 偽ニュース信じ核攻撃示唆ツイート パキスタン国防相

関連項目[編集]