偽善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

偽善(ぎぜん)とは、善良であると偽ることや自分は利他的だと主張しておきながら、実際は利己的な行動を取ることをいう。 また、これを行う者は偽善者とよばれる。道徳的偽善は主張と実際の行動が違う「道徳的二重性」と、自らは行わずに他者にのみ己の主張の実行を要求する「道徳的二重規範」がある[1]

精神的な偽善は、外面では善い行為に見えても、それが本心や良心からではない心理状態を指し、行為としての偽善は、隠れて悪事を行う為に善行を装う事である。

偽善を為す要因に、虚栄心や利己心があり、前者は名誉欲や愛情欲が原因で後者は権勢欲や金銭欲である。

行為としての偽善と精神的な偽善は、別と考えて、精神的な偽善が行為としての偽善に繋がるかどうかを判断する者と、精神論で一括りに偽善を否定する者というように、偽善に対する認識は、善悪をどう認識するかで変るために一様ではない。

精神的な偽善には、腹黒いゴマすり食わせ物という表現もある。 また、和英辞書では、利己心による偽善者である偽君子(snob)も hypocrite とされている場合がある。

語源[編集]

英語のhypocrite(偽善者)はギリシャ語hypokrisis 「舞台の見せかけの役」から来ている。 英語hypocriteは「見せかけの役を演じる役者」という意味であり、行動が心の底からの行いではないので「偽善者」の意味になった。

用法[編集]

英語において偽善(: hypocrisy)とは主張と実情の不一致であり、ある信条、規範、美徳を持っていると主張・暗示、または自身で思っていながら実際にはそうではない状態を指す[2]

一般的には自身が行っていないことを他人に要求する行為を表すことが多く、例えばある国が他国に人権擁護を求めながら自国の人権を守ろうとはしていない状態などに使用される。この意味における偽善性は議論においてしばしば攻撃される(お前だって論法や日本語における「お前が言うな」、「どの口でそれが言えるんだ」というフレーズ)。ただしこのような攻撃は主張に対する適切な反論がなければ単なる詭弁論点のすり替え人身攻撃)となることが多い[3]

韓国の調査結果では「利他的」と主張する集団は強い権力を与えられると、集団外には良くない物を与える利己的な結果がいっそう顕著になっていることが判明している。朝鮮日報は日本でいう市教育委員長であるソウル市教育庁のチョ・ヒヨン教育監が自身の子供達を韓国でエリート高校とされる外国語高校に通わせておきながら、外国語高校廃止を主張していること・日本円で2億5000万円もの不動産不動産投機を妻名義でしていた金宜謙大統領報道官が不動産投機を批判してきたこと・国民が家を2軒以上持つことを規制しながら3件持っていた担当長官候補らを任命して辞退を招いた韓国政府を「事実を言葉でひっくり返そうとする大統領府の認識は道徳的二重性に対する普通の人々の怒りを理解できないレベルにまで達している」と批判している。普段道徳を主張していたのに不動産投機に対する政権関係者のダブルスタンダードや妻が勝手にやったとして辞任したことに韓国国内では偽善だと批判が起きた[1][4][5][6]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 【コラム】文在寅政権の精神勝利法-Chosun online 朝鮮日報”. archive.is (2019年4月14日). 2019年4月14日閲覧。
  2. ^ “hypocrisy”, Merriam-Webster, http://www.merriam-webster.com/dictionary/hypocrisy 2010年5月1日閲覧。 
  3. ^ Bluedorn, Nathaniel (2002). The Fallacy Detective. p. 54. ISBN 0-9745315-0-2. 
  4. ^ 加速する文在寅離れ……韓国高官の不正疑惑、外交失態相次ぐ” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月14日閲覧。
  5. ^ 「革新勢力のお偉方」に憤る韓国20-30代-Chosun online 朝鮮日報”. archive.is (2019年4月1日). 2019年4月14日閲覧。
  6. ^ 【コラム】韓国50代の偽善に対する20代の反発-Chosun online 朝鮮日報”. archive.li (2018年12月30日). 2019年4月14日閲覧。