傑作推理劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

傑作推理劇場』(けっさくすいりげきじょう)は、1980年から1982年テレビ朝日系列で放送されたテレビ番組である。

概要[編集]

1980年開催のモスクワオリンピック日本不参加を受け、中継を予定していたテレビ朝日が、空いた放送枠の代わりとなる企画を検討、推理作家の松本清張が代表取締役を務めていた会社「霧プロダクション」に、松本清張作品のシリーズ放送を打診した。テレビ朝日と霧プロダクションの交渉の結果、エラリー・クイーン編『日本傑作推理12選』(カッパ・ノベルス光文社文庫)をドラマ化することに決定した。同番組を企画したテレビ朝日編成開発部の高橋浩は、霧プロダクションとは関係なく、『日本傑作推理12選』を自身が読んで番組を立ち上げたと話している[1]

松本清張と対談し、親交のあったアメリカの推理作家エラリー・クイーン(フレデリック・ダネイ。マンフレッド・ベニントン・リーは1971年に死去)が番組の冒頭に登場、前説を述べる趣向とし、クイーン原作作品も制作された(演者は日本人)。

記念すべき第1回作品である「駆ける男」は同年7月19日土曜ワイド劇場枠で放送された。

放送時間は22:00-22:54。同時間帯の番組の中で高視聴率を記録し、翌年新たに11本が制作・放送された(放送時間は22:30-23:24)[2]

放送リスト[編集]

1980年(夏)[編集]

放送日 サブタイトル 原作 制作 脚本 監督 ゲスト
0 7月19日
(土ワイ枠)
駆ける男 松本清張 松竹 池田雄一 水川淳三 浜木綿子田中明夫山城新伍
松橋登長谷直美日高澄子
常田富士男下塚誠、今成友見
北原まなか、渡辺紀行、加島潤
城戸卓、高城淳一
1 7月21日 魔少年 森村誠一 東映 神波史男 佐藤肇 松尾嘉代名古屋章織本順吉
久富惟晴荒谷公之、中越司
大栗清史、西沢利明大川栄子
河合絃司西本裕行河原裕昌
原ひさこ、森本レオ
2 7月22日 断崖からの声 夏樹静子 松竹 ジェームス三木 番匠義彰 酒井和歌子大出俊伊吹吾郎
赤座美代子加山麗子土屋嘉男
西岡徳美、城戸卓、林弘造
猪垣泰佑、黒崎勇
3 7月23日 殺意 高木彬光 東映 播磨幸児 野田幸男 坂口良子河原崎建三宮井えりな
三宅邦子細川俊夫友金敏雄
相馬剛三中真千子、太田優子
ひびきわたる、岡田淳二、佐川二郎
山浦栄五野上力城春樹
八百原寿子佐分利信
4 7月24日 尊属殺人事件 和久峻三 本田英郎 千野皓司 辰巳柳太郎浅茅陽子片桐夕子
浜村純横内正菅井きん
風見章子伊沢一郎
5 7月25日 殺人志願 西村京太郎 松竹 宮川一郎 渡辺祐介 山本圭木内みどり松本ちえこ
草野大悟石井富子水森コウ太
ひろみどり加島潤榊原るみ
草薙幸二郎谷啓
6 7月28日 海からの招待状 笹沢左保 三船プロ 中西隆三 小野田嘉幹 夏木陽介野際陽子長門裕之
山口果林堀之紀
7 7月29日 消えた男 土屋隆夫 東映 服部桂 堀川弘通 緒形拳秋吉久美子中条静夫
高林由紀子北村総一朗、沢かをり
8 7月30日 艶やかな罠 多岐川恭 三船プロ 大野靖子 神代辰巳 江守徹二宮さよ子中尾彬
奥村公延江角英たしろ之芙子
綾中素子、斉藤優一、大矢兼臣
染谷仁奈
9 7月31日 愛の逃亡者 石沢英太郎 松竹 長谷川公之 長谷和夫 田村高廣金沢碧影山仁美
小池朝雄三戸部スエ、羽田典夫
志賀真津子柳生博、村上記代
小森英明、大杉侃二朗、加島潤
殿山泰司江藤潤
10 8月1日 猫屋敷殺人事件 エラリー・クイーン 吉田剛 井上昭 小川真由美荒木道子鶴間エリ
秋野太作

1980年(冬)[編集]

放送日 サブタイトル 原作 制作 脚本 監督 ゲスト
11 12月18日 妻の証言 佐野洋 松竹 大津皓一 広瀬襄 高橋悦史結城しのぶ野平ゆき
長谷川哲夫中野誠也江幡高志
松下達雄、野中マリ子山下清
大地常雄宮下順子
12 12月25日 神獣の爪 陳舜臣 三船プロ 桜井康裕 鈴木清順 関口宏長門勇大谷直子
西村晃内田朝雄花沢徳衛
近藤宏木村有希伊豆肇
岡本達哉、佐々木梨里、大谷一夫
重盛てる江、北泉展江、夢村四郎

1981年[編集]

  • 百円硬貨(8月10日放送)
    • 原作:松本清張
  • 雪の蛍(8月11日放送)
    • 原作:森村誠一
  • 暗い穴の底で(8月12日放送)
  • くじ運の悪い男(8月13日放送)
    • 原作:土屋隆夫
  • お迎え火(8月14日放送)
  • 死ぬより辛い(8月17日放送)
    • 原作:夏樹静子
  • 消えた献本(8月18日放送)
    • 原作:石沢英太郎『献本』
  • 砂の密室(8月19日放送)
  • 善の研究(8月20日放送)
  • 異人館の遺言書(8月21日放送)
    • 原作:和久峻三
  • ガラスの階段(8月24日放送)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 高橋浩『視聴率15%を保証します! あのヒット番組を生んだ「発想法」と「仕事術」』第3章 スピルバーグから始まった『土曜ワイド劇場』の立ち上げ pp.112 - 114(小学館新書 2014年)
  2. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版) 38-39頁参照。