傘がない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
傘がない
井上陽水シングル
初出アルバム『断絶
B面 感謝知らずの女
リリース
規格 7インチ 45 rpm
ジャンル フォーク
レーベル ポリドール
作詞・作曲 井上陽水
プロデュース 多賀英典
チャート最高順位
井上陽水 シングル 年表
人生が二度あれば
(1972年)
傘がない
(1972年)
夢の中へ
(1973年)
テンプレートを表示

傘がない」(かさがない)は、フォークシンガー井上陽水のシングルレコード。井上陽水の再デビューアルバム『断絶』(1972年5月1日)からリカットされた。当初はヒットしなかったが[2]、いつしか初期の陽水の代表曲といわれるようになった[3]ジャケット写真の石段は猿楽町からマロニエ通りに上がる「男坂」[4]

概要[編集]

歌のテーマは、当時の日本社会に多少の皮肉を込め、世の中で起きている学生運動よりも、今は自分が「君」(恋人[5])に会いに行かねばならないのに「傘がない」という問題のほうを考える必要があるというものである[4]

制作当時はまだ学生運動の季節だったのである[2]。しかし過激化した学生運動は、アルバム『断絶』やシングル「傘がない」リリースの頃すでに下火になっていた。寺島実郎は1972年に吉田拓郎結婚しようよ」、井上陽水「傘がない」を聴き、寺島は「大学のキャンパスにいた最後の年だったが、『政治の季節』が終わったことを確認した」[6]と言う。

「傘がない」のリリースは、学生運動の勢いが下り坂になったあとに訪れた「シラケの季節」に丁度突入していたため、社会的問題に向き合わないミーイズム(meism: 自己中心主義)の登場とも言われた[2]。陽水本人は、「別にそんなふうに考えて作った歌ではないんですよ。ただ単に、周りが政治の季節であったというだけのことで…」と語っている[2]。すなわち制作当時は学生運動が盛んであったが、リリースまでの時間差が誤解を生じさせたのである。

筑紫哲也は「傘がない」を聴いたとき、「すごいのが出てきた」と面白がった[7]。筑紫はキャスターを務めたテレビ朝日日曜夕刊!こちらデスク』で「傘がない」を流し、2番を歌った[7]。筑紫は深刻な顔で自国の将来を語るような憂国の番組にしてなるものかと思ったのである[7]。陽水はその放送を観て「この人、分かってるな」と思った[7]。筑紫の死後、陽水はこう語った[8]

ちょっと生意気な言い方になりますが、ああ、この人は相当、わかってるなと思いました。ジャーナリズムに身を置きながら、ジャーナリズムを突き放して見ることができる。ある意味で、ユーモアがわかる人なんだ、と。そのあと、どうやってお会いしたのかは覚えていないのですが、「こちらデスク」が打ち切りになるという最後の放送に出演しないかと声がかかり、番組の締めくくりに「傘がない」を含む3曲を歌いました。歌謡番組でさえ珍しいのに、報道番組で3曲続けてなんて不思議なんですが。筑紫さんだからできたのだと思います。

2011年東日本大震災の発生によりツアーを中断、「しばらく歌う気になれなかった」陽水は2012年4月からの全国ツアーにおいて、「傘がない」は「今歌うことに疑問がある」、原子力に言及する「最後のニュース」は「今は適切でない気がする」と話した[9]

制作背景[編集]

ホリプロの制作担当で陽水のディレクター兼マネージャー・川瀬泰雄は、1971年7月17日に開催された、悪天候に見舞われ伝説となっているグランド・ファンク・レイルロードの日本公演「ロック・カーニバル#6」に陽水を招待した[4]。「傘がない」は、その公演で演奏された楽曲「ハート・ブレイカー」に影響を受けて誕生した[1]

ある時、陽水は川瀬泰雄のところへ行き、「こんな曲はどう?」と「傘がない」の原型を披露した[4]。グランド・ファンク・レイルロード「ハート・ブレイカー」は「Am-G-F-E7」を中心とするコード進行(いわゆるアンダルシア進行)で、「傘がない」にマッチした[4]。「ハート・ブレイカー」の盗作なのかというと、このコード進行はデル・シャノン悲しき街角(ランナウェイ)」、ザ・ベンチャーズ急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」などポップミュージックで多用されるものであり、メロディも異なると川瀬は説明している[4]。この時はサビがなく、川瀬はギターで「F」を押さえ、そのあたりの音でサビを作る提案をした[4]。陽水は「Dm」を押さえ「つめたい雨が」以降のメロディを作った[4]

後年、川瀬泰雄は自分の娘と井上陽水のコンサートに行き、「傘がない」の演奏で当時が思い出され、川瀬は娘に「この曲のサビはウチで作ったんだよ」と言った[4]。川瀬は娘と楽屋へ行くと、陽水は川瀬の娘に「お父さん、『傘がない』を歌ってる時に、この曲、ウチで作った、と言ってたでしょう」と言った[4]

収録曲[編集]

  1. 傘がない - 5:30
    • 作詞・作曲:井上陽水/編曲:星勝
  2. 感謝知らずの女 - 3:05
    • 作詞・作曲:井上陽水/編曲:星勝
      ※「傘がない」同様、『断絶』のリカット。

クレジット[編集]

  • ディレクター: 多賀英典
  • ミクサー: 大野進
  • カバー・デザイン: 松尾博
  • フォト: 武藤義 ※陽水が小さくたたずみ、手に紙を1枚、ギターを脇に置いたジャケット写真はアルバム『断絶』同様で、『断絶』のアングルはこのシングルより広い。

ミュージック・ビデオ[編集]

2008年のベストアルバム『弾き語りパッション』のミュージック・ビデオ(PV)に収録されている「傘がない」は、オダギリジョーが陽水の若かりし頃を演じる[10]。俳優がアーティスト本人役を務めるこのような試みは業界初であった[10]横浜市桜木町駅前で撮影[10]。ミュージック・ビデオの歌声は陽水のもの[11]

オダギリジョーは陽水の大ファンであり[12]、オダギリの好みは「氷の世界」という[13]2007年の映画『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』で主演を務めたオダギリは、映画のパンフレットで「人生が二度あれば」の詞に感動したと語った[10]。映画の原作者リリー・フランキーと陽水は親交が深い[10]。陽水のレコード会社スタッフがこのパンフレットを見て陽水に持ち掛けて話が進み、依頼を受けたオダギリは快諾した[13]

この話が来ると、オダギリは陽水のライブDVDを観て役作りに臨んだが、「真似するのはやめました。独特な唄い方で似せることはできないですね」と、自己流の演技で行くことにした[10]。2000人以上の通行人・ギャラリーの歓声に包まれて[12]、1台のカメラで、「傘がない」をオダギリは長回し一発勝負のフルバージョンで歌い切った[11]。陽水は「ハンサムだね。想像していたより、ずっといいね。しかも、すごく熱心だし。以前からCMや『東京タワー』など見てきましたが、本当に才能のある人だなと感じました」と評した[13]

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第17回放送 音楽プロデューサー・川瀬泰雄が語る「ビートルズと歌謡曲」《前篇》, 音楽情報サイト「歌謡曲リミテッド」, (2017年5月23日), http://kayo.musicshelf.jp/radio-guide/id19136/ 
  2. ^ a b c d 佐藤剛 (2015年3月18日), 井上陽水の「傘がない」にあったのは、「カ」「サ」「ガ」「タ」「ダ」から生まれる切迫感と叙情だった, ウェブマガジン『TAP the POP』, http://www.tapthepop.net/song/26753 
  3. ^ SONGS | 第112回 井上陽水, NHK, http://www6.nhk.or.jp/songs/prog.html?fid=091111 
  4. ^ a b c d e f g h i j 川瀬泰雄 (2015年6月11日), 「傘の日」、といえばやはり井上陽水「傘がない」, ウェブマガジン『大人のMusic Calendar』, http://music-calendar.jp/2015061101 
  5. ^ 風時計, 岩手日報, (2016年6月9日), オリジナルの2016年6月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160609075558/http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/y2016/m06/fudo160609.htm 
  6. ^ 寺島実郎の発言: 問いかけとしての戦後日本−(その5) 日本人の心を映し出す歌謡曲の変遷 岩波書店「世界」2008年8月号 脳力のレッスン76, 日本総合研究所, オリジナルの2011年11月29日時点によるアーカイブ。, https://archive.is/20111129032826/http://www.nissoken.jp/hatugen/kiji20080801.htm#selection-193.1-193.5 
  7. ^ a b c d うたの旅人: 21世紀を見つめた黙示録 井上陽水「最後のニュース」, 朝日新聞デジタル, (2010年3月19日), http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201003180264.html 
  8. ^ 井上陽水さん(1) 筑紫さんの一言から生まれた「最後のニュース」 - 週刊朝日MOOK『筑紫哲也』, asahi.com, (2010年11月5日), オリジナルの2016年9月11日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160911021119/http://book.asahi.com/special/TKY201010290297.html 
  9. ^ 陽水、揺らぐ揺さぶる 4月から全国ツアー, 朝日新聞デジタル, (2012年4月3日), http://www.asahi.com/culture/intro/TKY201204020254.html 
  10. ^ a b c d e f オダギリジョーが若き日の井上陽水を熱演、業界初の異色コラボ, ORICON NEWS, (2008年7月9日), http://www.oricon.co.jp/news/56180/full/ 
  11. ^ a b オダギリが陽水に、「傘がない」PV出演, 日刊スポーツ, (2008年7月9日), http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080709-381520.html 
  12. ^ a b 陽水役を「才能のあるハンサム」オダギリジョー熱演, ナタリー, (2008年7月9日), http://natalie.mu/music/news/8211 
  13. ^ a b c オダギリジョー、井上陽水を演じる, BARKS, (2008年7月9日), http://www.barks.jp/news/?id=1000041571 
  14. ^ 平山雄一 (インタビュー) (2016年3月9日). ダイアモンド✡ユカイ 『Respect III』 リリース・スペシャル・インタビュー (YouTube). UNIVERSAL MUSIC JAPAN.. http://www.youtube.com/watch?v=fY1gv5OonGY 

関連項目[編集]