備中高梁駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
備中高梁駅
Bitchu-Takahashi Station Building 20200524.jpg
城見通り口(西口、2020年5月24日)
びっちゅうたかはし
Bitchū-Takahashi
JR-V11 備中広瀬 (4.4 km)
(4.8 km) 木野山 JR-V13
所在地 岡山県高梁市旭町1317-2
駅番号 JR-V12
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 V 伯備線
キロ程 34.0km(倉敷起点)
岡山から49.9 km
電報略号 ヒカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,878人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1926年大正15年)6月20日
備考 直営駅
みどりの券売機プラス設置駅[1][2][3]
テンプレートを表示

備中高梁駅(びっちゅうたかはしえき)は、岡山県高梁市旭町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線である。駅番号はJR-V12

概要[編集]

高梁市の代表駅。当駅以北は一部区間を除いて単線区間であり、岡山方面からの普通列車は約半数が当駅で折り返す。2020年(令和2年)3月14日ダイヤ改正で当駅で折り返していた普通列車の一部が総社駅で折り返すようになった。

特急やくも」は全て停車するほか、以前より停車実現への取り組みを行っていた寝台特急サンライズ出雲」についても、2015年平成27年)3月14日ダイヤ改正から停車している[4][5]

伯備線における相互利用可能ICカードICOCA」対応エリアのうち、当駅含め新見駅以南の全駅および新見駅以北の特急停車駅にICOCA対応の自動改札機または簡易改札機が設置されている[6][7]

事務管コードは▲650408を使用している[8]

「高梁」の名称がつく国内唯一の駅であるが、同音の「高橋駅」が佐世保線に存在するため、旧国名を冠している。

歴史[編集]

旧駅舎(2006年3月31日)
旧駅舎時代の改札口(2011年8月24日)
供用開始直後の現駅舎(西口、2015年4月17日)

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。倉敷側複線・新見側単線の行違い可能駅でもある。

直営駅であり、新見駅管理下の地区駅として、地区駅長が配置されている。自動改札機は開閉式のものが設置されており、改札外にはICOCAのチャージに対応した自動券売機みどりの券売機プラスが設置されている。2021年3月13日より当駅から新見方面も、ICOCAが利用可能になる。

駅舎[編集]

改札口(2019年2月24日)
自由通路(2019年2月24日)

現在の橋上駅舎は既存の自由通路を活用したもので、2015年(平成27年)4月11日より使用されている[10][11]。自由通路の中央に改札口があり、その西側に券売機が設置されている。

高梁市は2016年(平成28年)に駅出入口の愛称を一般公募し、東口を寺巡り口(てらめぐりぐち)、西口を城見通り口(しろみどおりぐち)とすることが決定した[12]

エレベーターは、コンコースと2つのプラットホームとの連絡用に各1基、自由通路の城見通り口(西口)と寺巡り口(東口)に1基ずつの、計4基設置されている。コンコースからプラットホームへの2基はJR西日本が新駅舎建設時に整備したため、周辺道路からプラットホームまで段差なく辿り着く事が可能となり、駅全体のバリアフリー化を実現させた[10]

発車標は、駅舎橋上化に合わせてコンコースとホームにLED式のものを設置した。

便所コインロッカーは西口階段下(市道沿い)に1か所あるのみで、改札内、自由通路上および東口広場には設置していない。

旧駅舎にあったキヨスクは現在の駅舎にはない。

のりば[編集]

構内(2019年5月26日)
のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 V 伯備線 上り 倉敷岡山方面
3 下り 新見米子方面 一部2番のりば

上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりばで、特急「やくも」及び寝台特急「サンライズ出雲」も停車する。2番のりばは上下共用の待避線(中線)であり、当駅始発岡山方面行きの普通列車や、新見方面で特急を待ち合わせする普通列車が使用する。旧駅舎使用時は下り本線が1番のりば、上り本線が3番のりばであったが、現在の駅舎の使用が開始される際に改番されている。また、新駅舎建設時に上りホームをかさ上げし、乗車時の段差を減らしている[10]

留置線も敷設されていて、夜間滞泊が設定されている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[13]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 2,775
2000 2,774
2001 2,741
2002 2,680
2003 2,730
2004 2,658
2005 2,679
2006 2,632
2007 2,505
2008 2,309
2009 2,160
2010 2,061
2011 2,059
2012 2,059
2013 2,031
2014 1,992
2015 1,966
2016 1,907
2017 1,946
2018 1,842
2019 1,878

駅周辺[編集]

高梁市複合施設[編集]

高梁市複合施設(2017年5月3日)
高梁市複合施設(2017年5月3日)
高梁市図書館2階入口(2017年2月1日)
高梁市図書館2階入口(2017年2月1日)

城見通り口(西口)に隣接し、2階部分は駅の自由通路と直結している。

1階は高梁バスセンターと、複数の店舗がある。2階から4階には高梁市複合施設の中心となる高梁市図書館がある[14]。また、2階自由通路に直結する部分には、蔦屋書店スターバックスコーヒー、高梁市観光案内所がある。

高梁市が既存の高梁バスセンターを建て替える形で建設した。2017年(平成29年)2月1日高梁バスセンターと1階の一部店舗がオープンした後、2月4日に高梁市図書館と全ての店舗がオープンした[15]。運営は、高梁市図書館と高梁市観光案内所をカルチュア・コンビニエンス・クラブが行い[16]、高梁バスセンターを備北バスが行う。

なお、高梁市図書館駐車場は駅の西側(駅西)と東側(駅東)のどちらにも存在するが、駅の東側(駅東第1・第2駐車場)の方が駅の反対側にあるものの収容台数が多いため、高梁市図書館を示す道路標識も駅の東側へ誘導している。

2階~4階

2階

1階

  • 高梁バスセンター
  • ビホクツーリスト
  • ママドライ
  • 高梁ほっとカフェ
  • ガットリベロ
  • てもみプラス

城見通り口(西口)[編集]

西口広場はタクシー待機場や送迎スペースを備えたロータリーとなっており、山田方谷像が建てられている。屋根は市街地に多く残る町屋をイメージしている。この西口広場は旧駅舎やその送迎場跡地に建設されたものである[11][17]

駅から北へ100~200m歩くと備中松山城を望むことができる。駅周辺のエリアには栄町商店街、金融機関、高梁市役所などが立地するが、ここは明治時代以降に発展した新市街地である。

新市街地エリアよりも北側および西側は、主に江戸時代備中松山藩が整備した城下町地区であり[18]、古い建物が多くみられる。駅から北へ900mの場所に流れる紺屋川両岸の市道(通称紺屋川筋)は日本の道100選に選定された。また、武家の町として栄えた当時の面影を残す石火矢町武家屋敷商売の中心地であった松山往来の南町通り、下町通り、本町通り沿いに残る町屋、東側山麓に配置される頼久寺など多数の寺院、岡山県内最古のキリスト教会である高梁基督教会堂といった街並みが形成されている[19]。さらに北側には藩主が平時に滞在した尾根小屋跡(現在の岡山県立高梁高等学校)があり、備中松山城が建つ臥牛山にあたる。また、紺屋川上流の山腹には吉備国際大学順正高等看護福祉専門学校といった高等教育機関がある。

駅の南西側は商業店舗が多数立地しており、特に1990年ポルカ天満屋ハピータウンが開店して以降、周辺にも店舗が出店している。

駅の西側約500m先に高梁川があり、その対岸には岡山県備中県民局高梁地域事務所などの行政機関、高梁市民体育館などの公共施設や学校がある。

8月14日から16日の夜に行われる備中たかはし松山踊り開催中は、西口広場や駅前大通り、栄町商店街が歩行者天国となる。

寺巡り口(東口)[編集]

東口広場(2019年2月24日)

東口広場には、大型バスの停車が可能な送迎スペースを備えたロータリーとなっており、中央のスペースもバス停車が可能である。東口広場の完成に合わせ、国道484号に接続する市道整備も進められた。

周辺は住宅地であるが、も所々にみられる。駅の南側に岡山県立高梁城南高等学校(夜間は市立松山高等学校)がある。東側の山沿いには多数の寺社が立地している。

バス路線[編集]

高梁バスセンターのりば(2019年2月24日)

バス路線は、高梁市複合施設1階の高梁バスセンターを発着する。高梁市内各地の他、真庭市北房地域吉備中央町賀陽町域へ向けて運行している。一部、成羽町坂本で乗り換え新見市中心部へ運行する便もある。

待合所及び店舗の外周にバス通行路とのりばがあり、これらはすべて屋内にある。

旧バスセンターの建て替えと仮移転

建て替え前に現在の位置に存在した旧バスセンターは、事務所や待合室があった小型の建物と、屋外に旅客用の屋根が付いた2面6つの島式のりば及びバス待機場で構成していた。

2015年(平成27年)6月1日、寺巡り口(東口)前に一時移転し仮設バスセンターとして営業開始した(一部の便はその間も城見通り口(西口)前から発着した)。東口広場完成後は東口ロータリーをのりばとして使用していた。2017年(平成29年)2月1日、高梁市複合施設に再移転し営業開始した。

路線バス・直通バス[編集]

全て備北バスが運行する。

のりば 経由・行先 備考
1・2・3 備中県民局・たかはし松風寮・成羽
成羽・川上バスセンター
成羽・古町・川上バスセンター・地頭 一部川上バスセンターで坂本行へ接続
成羽・古町・川上バスセンター・黒鳥・田原 田原で平川行へ接続
成羽・川上バスセンター・黒鳥・やすらぎの里・田原・坂本(高梁市成羽町) 一部坂本で新見駅行へ接続
出口・宮瀬口・六名口・祇園口・丸岩
出口・宮瀬口・六名口・祇園口・丸岩・八石・川面駅
2・3 出口・宮瀬口・呰部 一部呰部で水田下町行へ接続
出口・宮瀬口・有漢地域局・川関口・有漢IC
出口・宮瀬口・有漢地域局・川関口・有漢IC・金倉 一部宮瀬口で丸岩行へ接続
出口・新町・神原(吉備中央町) 神原できびプラザ行へ接続
出口・新町・神原(吉備中央町)・リハビリセンターきびプラザ吉川
川面駅・元仲田邸前・宇治高校前・穴田
川面駅・元仲田邸前・吹屋 一部元仲田邸前で穴田行へ接続
八長・大瀬・川面駅・方谷駅・西方・追田下・山際
1・2・3 高梁中学校前・神原宮の前(高梁市松原町)・三本松・陣山
高梁中学校前・たかはし松風寮・神原宮の前(高梁市松原町)・三本松・円福寺・陣山
楢井・一の瀬・坂本(吉備中央町)・大和郵便局前
楢井・一の瀬・坂本(吉備中央町)・大和郵便局前・東村
2 市内循環(大杉病院・頼久寺口吉備国際大学武家屋敷入口・日本生命前・高梁バスセンター) 午前運行
2・3 市内循環(日本生命前・武家屋敷入口・吉備国際大学・頼久寺口・大杉病院・高梁バスセンター) 午後運行
2と3の間 イズミゆめタウンシャトルバス

なお、地頭~岡山天満屋線は高梁バスセンターを経由しない。

生活福祉バス[編集]

のりば 路線名 行先 運行日
1 川面線 国時 火・金曜日
巨瀬北部線 袴掛 月曜日
巨瀬中部線 横田生活改善センター 火曜日
巨瀬南部線 桐山 水曜日
中井180号経由線 中井地域市民センター 水曜日
上野線 上野 金曜日
中井313号経由線 中井地域市民センター 月曜日
山際線 山際集会所 木曜日

乗合タクシー[編集]

観光乗合タクシー[編集]

  • 備中松山城観光乗合タクシー
    当駅前~ふいご峠(8合目)を直結している。1日4往復。ふいご峠から天守までは登山道を徒歩約20分。前日17時までに高梁市観光案内所(高梁市複合施設2階)へ要予約
  • 雲海展望台観光乗合タクシー
    当駅前を出発し、「雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台」(雲海展望台)を見学した後、当駅前に戻る、約70分のツアー。10月~3月の早朝に2便出発。前日17時までに高梁市観光案内所(高梁市複合施設2階)へ要予約。

地域住民用乗合タクシー[編集]

  • 玉川ふれあいタクシー(予約制、週3便)

その他[編集]

隣の駅[編集]

※特急「やくも」・寝台特急「サンライズ出雲」の隣の停車駅は列車記事を参照。

西日本旅客鉄道
V 伯備線
備中広瀬駅 (JR-V11) - 備中高梁駅 (JR-V12) - 木野山駅 (JR-V13)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 備中高梁駅|駅情報:JRおでかけネット” (日本語). 西日本旅客鉄道. 2020年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c “「人ならではのサービス」の充実に向けた駅の体制変更エリア拡大のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道岡山支社, (2020年12月23日), オリジナルの2020年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201223102501/https://www.westjr.co.jp/life/region/pdf/okayama/20201223.pdf 2020年12月23日閲覧。 
  3. ^ a b c “総社駅などでみどりの窓口廃止へ JR岡山支社、清音駅は無人化”. 山陽新聞. (2020年12月23日). オリジナルの2020年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201223101741/https://www.sanyonews.jp/article/1084195 2020年12月23日閲覧。 
  4. ^ 平成27年春ダイヤ改正について”. 西日本旅客鉄道 (2014年12月19日). 2014年12月19日閲覧。
  5. ^ “寝台特急、備中高梁が停車駅に JRダイヤ改正、乗客16人を歓迎”. 山陽新聞. (2015年3月14日). http://www.sanyonews.jp/article/146434/1/ 2015年3月14日閲覧。 
  6. ^ ご利用可能エリア - ICOCA”. JRおでかけネット(西日本旅客鉄道). 2021年4月17日閲覧。
  7. ^ 山陰線(出雲市〜伯耆大山駅間)、伯備線(根雨駅、生山駅、新見駅)ICOCAご利用開始日・自動改札機ご利用開始日決定!”. 西日本旅客鉄道 (2016年10月18日). 2021年4月17日閲覧。
  8. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  9. ^ “「WEST EXPRESS 銀河」の運転日及び備中高梁駅でのおもてなしについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道岡山支社, (2021年1月21日), https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210121_00_ginga_bicchuutakahashi.pdf 2021年3月7日閲覧。 
  10. ^ a b c 伯備線 備中高梁駅橋上駅舎の供用開始について”. 西日本旅客鉄道 (2015年3月30日). 2015年4月6日閲覧。
  11. ^ a b “備中高梁駅の新駅舎運用開始 町家イメージ、城下町PR”. 山陽新聞. (2015年4月11日). http://www.sanyonews.jp/article/159275/1/ 2015年4月11日閲覧。 
  12. ^ 備中高梁駅出入口(東口・西口)の愛称が決定しました”. 高梁市 (2016年4月29日). 2016年5月8日閲覧。
  13. ^ 出典:岡山県統計年報
  14. ^ 話題沸騰! おしゃれ過ぎる高梁市図書館に行ってみた。
  15. ^ “高梁市新図書館、待望のオープン 民間指定管理、カフェや書店併設”. 山陽新聞. (2017年2月4日). http://www.sanyonews.jp/article/483680/1/ 2017年2月15日閲覧。 
  16. ^ 高梁市観光案内所”. 高梁市 (2017年1月19日). 2021年2月21日閲覧。
  17. ^ “備中高梁駅西口広場が完成 11日午前7時供用開始”. 山陽新聞. (2016年4月10日). http://www.sanyonews.jp/article/328487/1/ 2016年5月8日閲覧。 
  18. ^ 高梁市歴史的風致維持向上計画高梁市、2014年、9頁
  19. ^ 『たかはし散歩』ネコ・パブリッシング、2019年、26-33頁。ISBN 978-4-7770-2282-3。
  20. ^ 『全国映画ドラマロケ地事典』p321 日外アソシエーツ編集(2011年)全国書誌番号:21946393

関連項目[編集]