僕たちのアナ・バナナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
僕たちのアナ・バナナ
Keeping the Faith
監督 エドワード・ノートン
脚本 スチュアート・ブルムバーグ
製作 エドワード・ノートン
スチュアート・ブルムバーグ
ホーク・コッチ
製作総指揮 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンボーム
ジョナサン・グリックマン
出演者 ベン・スティラー
ジェナ・エルフマン
エドワード・ノートン
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 アナスタス・N・ミコス
編集 マルコム・キャンベル
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年4月14日
日本の旗 2001年1月20日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ヘブライ語
スペイン語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 $37,047,880[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$59,945,183[1] 世界の旗
テンプレートを表示

僕たちのアナ・バナナ』(Keeping the Faith)は2000年製作のアメリカ映画である。エドワード・ノートン監督のニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディ。脚本を書いたスチュアート・ブルムバーグは、ノートンの大学時代からの友人。

2000年の東京国際映画祭で上映され、ノートンとブルムバーグもゲストとして登場。同映画祭で、脚本賞を受賞した。

あらすじ[編集]

幼馴染のジェイクとブライアンは、それぞれユダヤ教のラビとカトリックの神父になった。宗教が違っても大親友の二人のもとに、ある日幼馴染のアナ・バナナが現れる。二人そろって美しく成長したアナに恋をするが、ラビであるジェイクはユダヤ人女性としか結婚が出来ず、ブライアンはそもそも結婚できない立場だった。ある時、ジェイクとアナが一線を越えてしまうが、2人はブライアンには黙っておくことにする。そうとは知らないブライアンは一途にアナを想い続けるが、結局は彼女からジェイクとの関係を知らされ、ヤケ酒に走ってしまう。ジェイクも、ユダヤ教徒以外の女性との付き合いが教会で問題視されて、苦しい立場に置かれていた。三者三様に葛藤していた時、アナのもとに会社から転勤の通知が届く。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ a b c Keeping the Faith (2000)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月5日閲覧。