僕たちのプレイボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
僕たちのプレイボール
監督 三村順一
脚本 太田龍馬
三村順一
製作 飯原伴光
プロデューサー
川﨑多津也
ヘイヨン・チョイ(米国)
製作総指揮 新庄剛志
竹村友里
出演者 小原裕貴
沢木ルカ
吉田栄作
羽田美智子
原日出子
高田延彦
オレステス・デストラーデ
江波杏子
撮影 瀬川龍
編集 金子数生
配給 ゴー・シネマ
公開 2010年5月15日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
英語
テンプレートを表示

僕たちのプレイボール』(ぼくたちのプレイボール)は、2010年3月に発売された鬼塚忠の小説。またそれを原作とする2010年5月15日公開の日本映画

ストーリー[編集]

父・恒雄と母・加奈子と共にアメリカで暮らす柊球児は、現地のリトルリーグで父と同じピッチャーというポジションでプレーしていた。恒雄はプロ野球選手でかつて大リーガーだったが肩を壊し、マイナーリーグ降格を余儀なくされている。球児の将来を心配した加奈子は、再起をあきらめない恒雄をアメリカに残し、二人だけで日本に帰国することを決意。球児はチームメイトにして親友だったランディに、ペンシルベニア州のウィリアムスポートにて毎年開催されるリトルリーグ世界大会での再会を誓いながら別れた。

帰国後に球児は、転校先の同級生の岡島沙希と村田勇平の誘いで「東陽リトル」に入るが、野球の本場を知る球児にはこのチームが生ぬるく思え、それゆえチームメイト達やコーチ達と軋轢を起こしてしまう。だが沙希に連れて行かれた祭りで球児は、祭りに参加していたチームメイト達と一緒に神輿を担いだことを機に距離を縮める。あくる日の試合で球児は自ら失策を招いてしまい落ち込むが、次の回の特大ホームランで元気を取り戻す。試合こそ負けたが、チームとの絆はより深まって行く。

映画[編集]

リトルリーグ誕生70周年を記念して製作され、阪神大リーグ日本ハムと活躍してきた元プロ野球選手の新庄剛志がエグゼクティブ・プロデューサー[1]を担当したことが話題になった。メガホンを取ったのは、映画プロデューサーでもある三村順一監督。

惹句[編集]

ひとりじゃない-仲間がいる
ピンチで気付いた、“信じる”こと

スタッフ[編集]

  • 監督:三村順一
  • 製作:飯原伴光
  • エグゼクティブ・プロデューサー:新庄剛志、竹村友里
  • プロデューサー:川崎多津也、ヘイヨン・チョイ(米国)
  • 協力プロデューサー:横田澄夫、相田英文、平川修治、五十嵐辰也、櫻木邦博
  • 音楽プロデューサー:BanCou☆e!
  • アソシエイトプロデューサー:速水真吾
  • 音楽プロデュース:ハーツワークス
  • 原作:「僕たちのプレイボール」鬼塚忠幻冬舎刊)
  • 脚本:太田龍馬、三村順一
  • 撮影監督:瀬川龍
  • 照明:岩崎豊
  • 録音:西岡正巳
  • 美術:山﨑輝
  • 編集:金子数生
  • 助監督:黒木浩介
  • 制作担当:松野拓行
  • 企画・制作:WJ
  • 製作:「僕たちのプレイボール」製作委員会
  • 制作協力:江東区レハサフ、オフィスオーパ、オルタスジャパン、BRAIN、ベースボールアカデミー、トンボ学生服
  • 配給:ゴー・シネマ

キャスト[編集]

柊家[編集]

岡島家[編集]

東京東陽リトルリーグ[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新庄剛志「チームワークが大事」と優等生発言。理由は隣に王さんがいたから!?映画/DVD/海外ドラマ | MOVIE Collection [ムビコレ] 2016年9月16日閲覧