僕にまかせてください

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
僕にまかせてください
クラフトシングル
B面 鳳仙花(ほうせんか)
リリース
ジャンル フォーク
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 さだまさし
クラフト シングル 年表
友あり遠方ゆえ来らず
1973年
僕にまかせてください
1975年
さよならコンサート
(1975年)
テンプレートを表示

僕にまかせてください」(ぼくにまかせてください)は、クラフトのセカンド・シングル曲である。

本作は1975年(昭和50年)に日本テレビ系で放送された土曜ドラマほおずきの唄」の主題歌として起用され、50万枚のヒットを記録した[1]

作詞・作曲したのは当時グレープのメンバーであったさだまさしである。 当初、さだは楽曲名を「彼岸過迄」(ひがんすぎまで)としていたが、ディレクターの川又明博からイメージが暗いと指摘を受け、川又からの代案である「僕にまかせてください」が楽曲名として採用された。 グレープはライヴ・アルバム『グレープ・ライブ 三年坂』においてセルフ・カヴァーした。

なお、クラフト版とグレープ(さだまさし)版とでは大サビの歌詞が違う。 クラフト版では2番のサビを繰り返し、グレープ(さだまさし)版では1番のサビを繰り返す。クラフトの解散コンサート「THE LAST SERENADE」ではこの曲のみさだが友情出演したが、この際はさだのアレンジで歌っている。

収録曲[編集]

  1. 僕にまかせてください
  2. 鳳仙花(ほうせんか)
    • 作詞・作曲:さだまさし/編曲:クラフト

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、316頁。ISBN 978-4-636-82548-0