優波慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

優波 慧(ゆうなみ けい、6月7日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

東京都大田区[1]田園調布雙葉高等学校出身[1]。身長171cm[1]。愛称は「ゆーなみ」、「おにい」[1]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[2]。入団時の成績は4番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[1]。その後、花組に配属。

2016年、「ME AND MY GIRL」で、綺城ひか理とWキャストで新人公演初主演[3][2]。新人公演最終学年となる入団7年目での抜擢となった[3][2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

  • 2011年2月 、『愛のプレリュード/Le Paradis!! -聖なる時間-』新人公演:ルイス・グレイ(本役:大河凜
  • 2011年6月、『ファントム』団員男、新人公演:若き日のキャリエール(本役:朝夏まなと華形ひかる
  • 2012年1月、『復活 -恋が終わり、愛が残った-/カノン』新人公演:ミハイロフ警備隊長(本役:望海風斗
  • 2012年7月 - 10月、『サン=テグジュペリCONGA!!』新人公演:アルベール(本役:芹香斗亜
  • 2012年11月、『Streak of Light -一筋の光…-』 (青年館・ドラマシティ)
  • 2013年2月 - 5月、『オーシャンズ11』新人公演:ライナス・コールドウェル(本役:芹香斗亜)
  • 2013年8月 - 11月、『愛と革命の詩 -アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!』シャルル=ミシェル・ド・ラ・サブリエール、新人公演:マリー=ジョゼフ・シェニエ(本役:華形ひかる)
  • 2013年11月 明日海りおディナーショー『ASUMIC ADVANCE』
  • 2014年2月 - 5月、『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA ∞ 夢眩』エリック、新人公演:ワイリー・ホワイト(本役:芹香斗亜)
  • 2014年6月、『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』(バウホール)マイダーノフ
  • 2014年8月 - 11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』黒天使、新人公演:ルドルフ(本役:芹香斗亜、柚香光
  • 2015年1月、『Earnest in Love』(東京国際フォーラム)ロンドン市民(1幕)、農民/召使い(2幕)
  • 2015年3月 - 6月、『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』新人公演:ロベルト・ゴルジ(本役:芹香斗亜)
  • 2015年7月 - 8月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-/宝塚幻想曲』アルマン/農民(梅田芸術劇場・台湾国家戯劇院)
  • 2015年10月 - 12月、『新源氏物語/Melodia-熱く美しき旋律-』良清 、新人公演:藤原惟光(本役:芹香斗亜)
  • 2016年2月 - 3月、『Ernest in Love』(梅田芸術劇場、中日劇場)ピアノ教師(一幕)農民/召し使い(二幕)
  • 2016年4月 - 7月、『ME AND MY GIRL』電報配達の男、新人公演:ウィリアム・スナイブスン(ビル)(宝塚大劇場1幕、東京宝塚劇場2幕)(本役:明日海りお) 新人公演初主演[3][2]
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク/Melodia-熱く美しき旋律-』(全国ツアー)アゾラン
  • 2016年11月 - 2017年2月、『雪華抄/金色の砂漠』賊の男ラージ、新人公演:奴隷ピピ(本役:英真なおき
  • 2017年6月 - 8月、『邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』ユズリハ
  • 2017年10月、『ハンナのお花屋さん-Hanna's Florist-』(赤坂ACTシアター)トーマス・ルイク
  • 2018年1月 - 3月、『ポーの一族』グレン・スミス
  • 2018年5月、『あかねさす紫の花/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』(博多座)佐伯連子麻呂
  • 2018年7月 - 10月、『MESSIAH -異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』渡辺佐太郎
  • 2018年11月 - 12月、『Delight Holiday』(舞浜アンフィシアター)
  • 2019年2〜4月、『CASANOVA』 - バルボ・トマシ
  • 2019年6〜7月、『花より男子』(TBS赤坂ACTシアター) - 美作あきら
  • 2019年6月、『恋スルARENA』(横浜アリーナ) ※6/26のみ特別出演
  • 2019年8〜11月、『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』 - ケヴィン・グリフィス『シャルム!』
  • 2020年1月、『DANCE OLYMPIA-Welcome to 2020-』(東京国際フォーラム)
  • 2020年4〜6月、『はいからさんが通る』 - 印念中佐 予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、25頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 優波慧と綺城ひか理が花組新人公演で前後半のW主演”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  3. ^ a b c 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作りスポニチ