優駿スプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
優駿スプリント
開催国 日本の旗日本
主催者 特別区競馬組合南関東公営
競馬場 大井競馬場
創設 2011年6月29日
2017年の情報
距離 ダート1200m
格付け 南関東SII
賞金 1着賞金2000万円
出走条件 サラブレッド系3歳オープン・南関東所属
負担重量 別定(本文に記載
出典 [1]
テンプレートを表示

優駿スプリント(ゆうしゅんスプリント)とは、特別区競馬組合大井競馬場ダート1200mで施行する地方競馬重賞競走である。サンケイスポーツ産業経済新聞社)から優勝杯が贈られる。正式名称はサンケイスポーツ盃優駿スプリントである。

副賞は、特別区競馬組合管理者賞(2017年)[2]

概要[編集]

2011年に3歳限定のスプリント重賞として新設され、帝王賞のアンダーカードとして組まれた[3]。この競走の優勝馬には「地方競馬スーパースプリントシリーズ」の決勝戦にあたる「習志野きらっとスプリント」(7月 船橋競馬場)への優先出走権が与えられる[4](ただし、このレースはスーパースプリントシリーズには入っていない)。また、2着馬までにアフター5スター賞の優先出走権が与えられる。

2015年の番組改編でSIIIからSIIに格上げされ、[5]1着賞金・総賞金も増額となる[6]

条件・賞金等(2017年)[編集]

出走資格
サラブレッド系3歳、南関東所属。
優駿スプリントトライアル(大井)で上位2着までに入った馬と優駿スプリントトライアル(川崎)の優勝馬に優先出走権がある[1]
負担重量
別定。56kg、牝馬54kg(南半球産2kg減)を基本に、番組賞金1,000万円毎に1kg負担増となる。
賞金額
1着2000万円、2着700万円、3着400万円、4着200万円、5着100万円[1]、着外手当18万円[7]
優先出走権付与
上位2着までに入った馬にはアフター5スター賞の、優勝馬には習志野きらっとスプリントの優先出走権が付与される。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2011年6月29日 ミヤサンキューティ 牝3 大井 1:11.6 真島大輔 鈴木啓之 宮田努
第2回 2012年6月29日 ゴールドキャヴィア 牝3 船橋 1:12.2 御神本訓史 川島正行 組)寿組合
第3回 2013年6月25日 ハードデイズナイト 牝3 川崎 1:12.0 山崎誠士 佐々木仁 (有)グランド牧場
第4回 2014年6月24日 アピア 牡3 大井 1:12.1 御神本訓史 佐々木洋一 宮崎利男
第5回 2015年6月23日 ルックスザットキル 牡3 大井 1:11.9 早田功駿 中村護 田記正規
第6回 2016年6月28日 エイシンヒート 牡3 大井 1:13.8 矢野貴之 藤田輝信 平井宏承
第7回 2017年6月27日 バンドオンザラン 牡3 川崎 1:13.0 赤岡修次 内田勝義 (有)グランド牧場
第8回 2018年6月26日 クルセイズスピリツ 牡3 大井 1:12.6 西啓太 荒井朋弘 谷謙介
第9回 2019年6月25日 ナガタブラック 牡3 川崎 1:13.3 伊藤裕人 岩本洋 紙透一雄

出典:南関東4競馬場公式「優駿スプリント競走優勝馬」

脚注[編集]

参考文献[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 平成29年度第6回大井競馬競走番組表(決定) (PDF)”. 東京シティ競馬:TOKYO CITY KEIBA. 2017年6月25日閲覧。
  2. ^ 大井競馬出走馬一覧表平成29年度第6回大井競馬第2日6月27日(火) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2017年6月25日閲覧。
  3. ^ 2012年は帝王賞と同じ週、かつ帝王賞の翌々日に施行された
  4. ^ 第1回 優駿スプリント(SIII)” (日本語). 特別区競馬組合 (2011年). 2011年6月30日閲覧。
  5. ^ 南関競馬の15年度開催日程発表 6・15から船橋で初ナイター実施 - スポニチアネックス、2014年11月27日閲覧
  6. ^ 平成27年度事業計画(大井競馬公式サイト:2015年3月18日)
  7. ^ 平成29年度大井競馬番組 (PDF)”. 東京シテ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. p. 28. 2017年6月25日閲覧。