元宮磨崖仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元宮磨崖仏(もとみやまがいぶつ)は、大分県豊後高田市にある室町時代磨崖仏である。近隣の熊野磨崖仏鍋山磨崖仏とともに「熊野磨崖仏附元宮磨崖仏及び鍋山磨崖仏」として国の史跡(1955年2月15日指定)に指定されている。

田染八幡神社の北側の岩壁に抉られた龕に、不動明王を中心として、右に矜羯羅童子毘沙門天、左に持国天地蔵菩薩の5体の像が東面して薄肉彫りで刻まれている。不動明王の左側にはかって制吒迦童子があったと言われるが、現存していない。地蔵菩薩は他の像に比べて小さく、後世に付け加えられたものであるとされる。

2001年に磨崖仏を覆う堂が設置されている。

関連項目[編集]

座標: 北緯33度30分58.5秒 東経131度30分59.2秒 / 北緯33.516250度 東経131.516444度 / 33.516250; 131.516444