元懐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

元 懐(げん かい、488年 - 517年)は、中国北魏皇族。広平王。孝武帝の父。は宣義。

経歴[編集]

孝文帝高貴人(文昭皇后)の次男として生まれた。497年太和21年)8月、広平王に封じられた。宣武帝により華林別館に軟禁され、四門博士の董徴に経伝の講義を受けた。司州牧に任じられた。512年延昌元年)1月、驃騎大将軍・儀同三司の位を受けた。515年(延昌4年)1月、宣武帝が死去すると、軟禁を解かれた。2月、司空に上った。8月、太保司徒公となった。517年熙平2年)3月26日、死去した。は文穆といった。533年永熙2年)1月、孝武帝により武穆皇帝諡号を贈られ追尊された。

妻子[編集]

妻妾[編集]

  • 正室:馮氏(武穆皇后と追号された)
  • 側室:李氏(皇太妃を追贈された)

男子[編集]

女子[編集]

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻22 列伝第10
  • 北史』巻19 列伝第7
  • 魏故侍中太保領司徒公広平王墓誌(元懐墓誌)