元斗杓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
元斗杓
各種表記
ハングル 元斗杓
発音: ウォン・ドピョ
日本語読み: げんとひょう
テンプレートを表示

元斗杓(げん とひょう、ウォン・ドピョ、원두표、1593年 ~ 1664年)は李氏朝鮮後期の文臣。西人の重鎮で、元党の党首。字は子建、号は灘叟、本貫は原州元氏。朴知誡の門人である。

生涯[編集]

光海君の政治に反対し、父原渓君元裕男等多くの大臣たちと力を合わせ、仁祖反正に成功した。その功で靖社功臣2等として、平原君に冊封された。また李适の乱で功を立て、 全州府尹となり、丙子胡乱では王を南漢山城で護衛して御営大将を勤めた。その後、孝宗時代に右議政顕宗時代に左議政に昇進し、内医院・軍器寺の都提調を兼務した。[1]孫元夢鱗は孝宗の五女淑敬公主と結婚し、興平尉に封じられた。[2]

家族[編集]

  • 曽祖父 : 元松寿
    • 祖父 : 元豪
      • 父 : 元裕男
        • 妻 : 朔寧崔氏崔東式の娘
          • 長男 : 元万石
            • 孫 : 元夢殷 - 実父は元万春
          • 次男 : 元万里
            • 孫 : 元夢麟
            • 孫 : 元夢翼
          • 三男 : 元万春
            • 孫 : 元夢軒
            • 孫 : 원몽은
          • 壻 : 李敏叙
            • 外孫 : 李観命
            • 外孫 : 李健命
            • 外孫婿 : 洪重箕
            • 外孫婿 : 南鶴鳴
            • 外孫婿 : 金昌立
        • 側室 : 姓名不詳
          • 庶子 : 元万東
          • 庶子 : 元万雄
          • 庶子 : 元万齢
          • 庶子 : 元万敵

関連作品[編集]

ドラマ[編集]

  • 《大命》 (KBS、1981年 ~ 1981年、演:チュヒョン)

その他[編集]

彼の元党は山党に敗れて没落し、後日少論派系に吸収された。

注釈[編集]

  1. ^ 《朝鮮王朝実録》 顕宗 8冊、5年(1664 甲辰 / 康煕3年) 6月24日(乙卯) 5番目記事
  2. ^ 《朝鮮王朝実録》 孝宗 21冊、10年(1659 己亥 / 順治 16年) 閏3月11日(辛未) 1番目記事

参考文献[編集]