元昌王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元昌王后
各種表記
ハングル 원창왕후
漢字 元昌王后
日本語読み: げんしょうおうこう
2000年式
MR式
Queen Wonchang
Queen Wonchang
テンプレートを表示
元昌王后
称号 高麗王后
敬称 元昌王后
配偶者 王帝建
子女 王隆
父親 西海龍王(中国平州出身の頭恩坫角干)
テンプレートを表示

元昌王后(げんしょうおうこう、원창왕후)は、高麗の太祖王建の祖母である。高麗建国後、王建は祖母を元昌王后に追封した[1]

中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫[2][3][4]康虎景の息子が康忠であり、康忠は、伊帝健・宝甸・康宝育の3人の子を授かる。康宝育は姪の康徳州を娶り娘の康辰義をもうけ、その康辰義と中国人とのあいだに生まれたのが王帝建である[5]。王帝建の父の中国人は中国皇族[6]、『編年通録韓国語版』と『高麗史節要』では粛宗、『編年綱目』では宣宗である[7][8]。父の中国人が新羅に来た時に、康宝育の娘の康辰義との間に王帝建は生まれた[9]。王帝建は、父を探しに唐に行くため黄海を渡河していた途上、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)と出会い、王帝建は、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)の駙馬となる。『聖源録』によると、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)というのは、中国平州出身の頭恩坫角干の娘である[10]。そして王帝建と西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)との間に息子の王隆が生まれる[11][12]。その王隆の息子が高麗の初代王王建である[13][14]

家族[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]