元杲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

元杲(げんごう、延喜14年(914年) - 長徳元年2月27日995年3月30日))は、平安時代中期の真言宗藤原京家の出身で、父は雅楽助藤原晨省。房号は真言房。延命院僧都とも称される。

勧学院藤原氏大学別曹または諸大寺院が建てた学校)に学んだ後、醍醐寺の元方に師事して出家、また一定(いちじょう)・明珍(みょうちん)らに学んだ。淳祐寛空灌頂を受け、安和元年(968年)内供奉十禅師・東宮護持僧となった。天元4年(981年)権律師、天元6年(983年)権大僧都に至った。真言宗の小野・広沢両流に詳しく「具支灌頂儀式」など多くの書物を著し、また祈雨法を修して霊験があったという。自伝として「元杲大僧都自伝」(続群書類従所収)を残している。