元榮太一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
元榮 太一郎
もとえ たいちろう
Motoetaichiro.gif
生年月日 (1975-12-14) 1975年12月14日(43歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州エバンストン市
出身校 慶應義塾大学法学部法律学科
前職 弁護士実業家
所属政党 自由民主党竹下派
称号 法学士
公式サイト 元榮太一郎(もとえたいちろう)オフィシャルサイト

選挙区 千葉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

元榮 太一郎(もとえ たいちろう[1]1975年12月14日 - )は、日本弁護士政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長。第二東京弁護士会所属。

経歴[編集]

  • 1975年:米国イリノイ州エバンストン市に生まれる。
  • 1978年:家族とともに帰国。神奈川県藤沢市に居住[2]
  • 1998年:慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。
  • 1999年:旧司法試験に合格(第54期司法修習生)。
  • 2001年:第二東京弁護士会に登録。
  • 2001年:アンダーソン・毛利法律事務所(現:アンダーソン・毛利・友常法律事務所)に入所。M&Aや金融など企業法務を専門としていたが、2005年に退所し、独立して法律事務所オーセンスを開業する。
  • 2005年:オーセンスグループ(現・弁護士ドットコム)を設立、現在法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営。
  • 2014年:日本初の弁護士兼代表取締役社長による東京証券取引所マザーズ市場上場。
  • 2016年:第24回参議院議員通常選挙に千葉県選挙区から自民党公認候補として立候補し、得票数2位で初当選[3]
  • 2017年:弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長就任。

政策[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • めざましテレビ(金曜レギュラー、2014年5月23日 - 12月31日、フジテレビ)
  • face(火曜レギュラー、2014年04月01日 - 2015年11月24日、JFN系)

著書[編集]

単著

  • 『刑事と民事』(幻冬舎、2008年5月)

共著

  • 『弁護士ドットコム ~困っている人を救う僕たちの挑戦~』(日経BP社、2015年1月)[6]
  • 『初級ビジネスコンプライアンス―「社会的要請への適応」から事例理解まで』(東洋経済新報社、2009年6月)

編著

  • 『自分でできる「家賃滞納」対策~自主管理型一般家主の賃貸経営バイブル~』(中央経済社、2012年8月)

その他[編集]

  • 「自由と正義」第17回弁護士業務改革シンポジウム(日本弁護士連合会、2012年4月号)
  • 「ソフィア」弁護士業務とマーケティング(愛知県弁護士会、2011年7月版)
  • 「即時・早期独立開業マニュアル」(日本弁護士連合会、2009年9月版)
  • 「即時・早期独立開業マニュアル」(日本弁護士連合会、2008年12月版)
  • 「二弁フロンティア」弁護士紹介サービスの現状と展望 後編(第二東京弁護士会、2007年2月号)
  • 「二弁フロンティア」弁護士紹介サービスの現状と展望 前編(第二東京弁護士会、2007年1月号)
  • 「二弁フロンティア」記者の目から見た司法改革(第二東京弁護士会、2008年12月号)

CD・DVD[編集]

  • 神田昌典氏の「ダントツ企業実践オーディオセミナー」(vol.139)にて『1人1顧問弁護士の時代へ〜「弁護士ドットコム」がつくる、誰もが守られる社会〜』(ALMACREATIONS、 2011年5月)

受賞等[編集]

  • 「SoftBank World Challenge 2016」最優秀賞受賞
  • 「働きがいのある会社ランキング2015,2016」ベストカンパニー (主催:Great Place to Work)
  • 「テクノロジー企業ランキングプログラム 第14回 デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast500」選出
  • 「バイエル ライフ イノベーション アワード2015」独創特別賞受賞
  • 「EY Entrepreneur Of The Year」ファイナリスト (主催:アーストアンドヤング、2014年 )
  • 「Japan Venture Awards 2013」ニュービジネスモデル特別賞(経済産業省「中小企業基盤整備機構」、2013年)[7]
  • 「ドリームゲートアワード2007」ノミネート30(財団法人ベンチャーエンタープライズセンター、2007年)
  • 「大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール」第19期事業計画コンテスト優勝 (株式会社ビジネス・ブレークスルー、2005年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 元榮太一郎さんのプロファイル - CNET Japan
  2. ^ プロフィール - 元榮太一郎 オフィシャルサイト
  3. ^ 元榮太一郎 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 2016年参院選 毎日新聞候補者アンケート
  5. ^ 2016年候補者候補者アンケート (朝日・東大谷口研究室共同調査)
  6. ^ 弁護士ドットコム ~困っている人を救う僕たちの挑戦~
  7. ^ Japan Venture Awards 2013 受賞者一覧