元禧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

元 禧(げん き、生年不詳 - 501年)は、北魏皇族。咸陽王。永寿

経歴[編集]

献文帝と封昭儀の間の子として生まれた。485年太和9年)3月、咸陽王に封じられ、侍中・驃騎大将軍・中都大官に任じられた。後に使持節・開府・冀州刺史として出向した。都督冀相兗東兗南豫東荊六州諸軍事の任を加えられた。ときに元禧は任城王元澄の隷戸を略取したため、兄の孝文帝による叱責を受けた。司州牧・都督司豫荊郢洛東荊六州諸軍事へと転じた。495年(太和19年)12月、長兼太尉となった。

孝文帝は兄弟への情に篤かったので、次弟にあたる元禧への礼遇も優れて厚かったが、元禧の貪欲な性格に対してはたびたび教戒を加えていた。しかし元禧の性格の欠点は終生改まらなかった。497年(太和21年)、元禧は孝文帝の南征に従い、南陽を攻め落とした。499年(太和23年)2月、正式に太尉となった。

4月、孝文帝が死去するにあたって、元禧は輔政を遺託された。元禧は宣武帝を輔弼する6人の大臣の筆頭にありながら、ひそかに賄賂を受け取り、産業を経営して財産を蓄え、衣裳や車をきらびやかに飾って、豪奢な生活をしていた。また数十人の姫妾をかかえて、淫色にふけっていた。宣武帝は元禧のこれらの振る舞いを憎んだ。

501年景明2年)1月、太保に進み、太尉を兼ねた。5月、元禧は宣武帝の親政に不安を抱き、妻兄の李伯尚とともに反乱を計画した。反乱計画は武興王楊集始の告発により露見し、元禧は数人の従者とともに洪池から東南に逃れたが、まもなく捕らえられ、華林都亭に連行された。宣武帝自らによる糾問を受け、私邸で死を賜った。

妻子[編集]

妻妾[編集]

  • 正室:隴西李氏(李輔の娘)
  • 側室:申屠氏

男子[編集]

  • 元通(字は曇和。元禧の死後、殺害された)
  • 元翼(字は仲和。申屠氏の子。梁に亡命し、咸陽王。信武将軍・青冀二州刺史)
  • 元昌(梁の直閤将軍)
  • 元曄(字は世茂。梁に亡命し、桑乾王)
  • 元顕和(江南で没した)
  • 元樹(字は秀和)
  • 元坦(字は延和。敷城王)
  • 元昶(太原王)

女子[編集]

  • 元仲英
  • 上庸公主

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻21上 列伝第9上
  • 北史』巻19 列伝第7