元詳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

元 詳(げん しょう、476年 - 504年)は、北魏皇族。北海王。季豫

経歴[編集]

献文帝と高椒房のあいだの子として生まれた。485年太和9年)、北海王に封じられ、侍中・征北大将軍の位を加えられた。後に光禄大夫に任じられ、侍中・将軍位から解任された。

493年(太和17年)、孝文帝の南征に従って、散騎常侍となった。494年(太和18年)、孝文帝の北巡に従い、文成帝の射銘の地で矢を試射し、孝文帝に喜ばれた。後に侍中となり、秘書監に転じた。

497年(太和21年)、孝文帝の南征にあたって、元詳は中領軍を代行した。498年(太和22年)、趙郡王元幹が死去すると、元詳は司州牧を代行した。護軍将軍の号を受け、尚書左僕射を兼ねた。

499年(太和23年)、孝文帝の死にあたって、輔政を遺託され、司空となった。501年景明2年)、宣武帝が親政を開始すると、元詳は侍中・大将軍・録尚書事となった。兄の咸陽王元禧が反乱を計画して敗死すると、元詳は自らの任を解くよう願い出た。宣武帝はこれを許さず、かえって太傅・領司徒に任じた。502年(景明3年)、宣武帝が閲兵のためにに赴くと、元詳は高肇于勁らとともに洛陽の留守を預かった。

元詳は宣武帝の叔父として顕位に上り、収賄や商売によって巨万の富を蓄え、宏壮な邸宅を営んでいた。妃の劉氏を相手にせず、妾の范氏を寵愛した。范氏が亡くなると、上表して平昌県君の位を贈った。また安定王元燮の妃の高氏(宣武帝の叔母)と私通した。

504年正始元年)5月、元詳は茹皓らとともに反乱を計画していたと高肇に誣告され、庶人に落とされて、太府寺に幽閉された。6月13日夜、数度の悲鳴とともに不審な突然死を遂げた。

508年永平元年)10月、追って北海王の封を回復し、を平王といった。

妻子[編集]

妻妾[編集]

  • 鄭氏(鄭懿の娘)
  • 劉氏(劉昶の娘)
  • 范氏(元顥の母)

[編集]

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻21上 列伝第9上
  • 北史』巻19 列伝第7