元長町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 弘前市 > 元長町
元長町
—  町名  —
旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)
元長町の位置(青森県内)
元長町
元長町
元長町の位置
座標: 北緯40度36分8.31秒 東経140度28分4.66秒 / 北緯40.6023083度 東経140.4679611度 / 40.6023083; 140.4679611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口 (2017年(平成29年)6月1日現在)[1]
 - 計 26人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 036-8198
市外局番 0172[2]
ナンバープレート 青森

元長町(もとながまち)は、江戸期から現在にかけての青森県弘前市大字2017年6月1日現在の人口は26人、世帯数は15世帯[1]郵便番号は036-8198。

地理[編集]

町域の西部から北部にかけて下白銀町、北東部は元寺町、東部は親方町、東部から南部にかけて本町、西は元大工町に接する。

歴史[編集]

  • 正保3年 - 町屋とだけあり、まだ町名はないが、町域は現在と違って、現在の元大工町から下白銀町の弘前城東門まで南北に伸びていた(津軽弘前城之絵図)。
  • 慶安2年 - 南側を上長町、北側を下長町と呼び、屋号を持つ商家が約20軒のほか豆腐屋・居鯖などの商人、金掘り・銀屋などの職人が住んでいた(弘前古城絵図)。
  • 寛文13年 - 長町とある(弘前中惣屋敷絵図)。
  • 元禄年間 - 北側の下長町に、郭内武家屋敷の郭外移転により中上級の武家屋敷が町割りされ、上・下長町の町域はほとんど消滅し、残った町域が元長町と呼ばれる。
  • 享保4年 - 町内東側が町屋、西側が武家屋敷で構成される(町屋数円)。
  • 寛政12年 - 元長町として武家屋敷5・町屋24(分間弘前大絵図)。
  • 天保8年 - 再び、町内東側が町屋、西側が武家屋敷で構成される(弘前絵図)。
  • 嘉永5年 - 東北地方を旅行中の吉田松陰が、国事について論議するため、当地の伊東広之進宅を訪問。現在の養生幼稚園に"松陰室"として論議した部屋が残っている。

沿革[編集]

  • 江戸期 - 弘前城下の一町。
  • 明治初年~明治22年 - 弘前を冠称。
  • 1899年(明治22年) - 弘前市に所属。

地名の由来[編集]

かつて町域が南北に伸びていたことから。

施設[編集]

教育[編集]

  • 養生幼稚園

医療[編集]

  • 伊東内科・小児科

商業[編集]

  • 東北電業

宿泊[編集]

  • 旅館江戸川

観光[編集]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

大字 番・番地 小学校 中学校
元長町 全域 弘前市立朝陽小学校 弘前市立第四中学校

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)