兄弟仁義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
兄弟仁義
北島三郎シングル
リリース
ジャンル 演歌
レーベル 日本クラウン
北島三郎 シングル 年表
俺らとチーコ兄弟仁義
1965年
スポーツ音頭
テンプレートを表示

兄弟仁義(きょうだいじんぎ)は、1965年(昭和40年)3月10日に北島三郎が発売したシングルレコード

概要[編集]

ヤクザ渡世における兄弟分の契りをテーマにした歌曲であり大ヒットした。

歌曲[編集]

ミリオンセラーを記録し[1]、北島の代表的なレパートリーのひとつである。

日本放送協会(NHK)の歌謡番組に多数出演している北島だが、この「兄弟仁義」だけは、一度も『NHK紅白歌合戦』では披露されていない[2]。その一方で、『ビッグショー』(1978年。浅香光代と共演)[3]など他の番組では披露した実績がある[4]

映画の主題歌として編まれた曲だが、作詞の星野哲郎は、自身が日本コロムビアから、新興のクラウンレコード(現:日本クラウン)へ移籍する際の、北島とのエピソードが着想となったとしている。クラウンレコード移籍を決意した星野が、公演中だった北島を訪ね別れを告げると、北島は「俺たち義兄弟じゃないか」と語り、星野と行動を共にした、という一連の動きを、渡世者になぞらえたものである、という[5]

シングル収録曲[編集]

  1. 兄弟仁義
  2. つらい恋だよ

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞』1989年3月12日付東京朝刊、37頁。
  2. ^ 合田道人 (2011年12月10日). “NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(5)”. アサヒ芸能. http://www.asagei.com/excerpt/2808 2016年4月25日閲覧。 
  3. ^ ビッグショー - NHKアーカイブス、2019年9月4日閲覧。
  4. ^ 任侠演歌については。紅白歌合戦では避けている一方、『思い出のメロディー』など他の番組では歌われることがある。
  5. ^ 武田鉄矢の昭和は輝いていた」(BSジャパン、2017年10月6日放送)