兆乾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

兆 乾(ちょう ちぇん、1991年7月2日 - )は、日本棋院所属の囲碁女流棋士兵庫県西宮市出身。石井邦生九段門下。

略歴[編集]

6歳から囲碁愛好家の父の影響で、囲碁をはじめ山下順源の教室に通う。2000年、伊丹市立有岡小学校3年で出場した少年少女囲碁大会志田達哉に敗れるも6位入賞、翌2001年、西宮市立小松小学校4年で少年少女囲碁全国大会に出場し、田尻悠人らを下し、決勝で内田修平に敗れるも準優勝。同年山下の没後、石井邦生に師事し、苑田勇一の勉強会にも通い実力をつける。小学6年より外来として女流特別棋士採用試験を受け、中学2年時は万波奈穂(8戦全勝)の次席(6勝2敗)で惜しくも入段できず、中学3年時に同採用試験決勝を5勝1敗で入段を果たす。

2008年、女流本因坊戦本戦初出場、小林泉美六段と井澤秋乃四段を破り、ベスト4。

2009年、女流棋聖戦トーナメント初出場で青木喜久代らを破って挑戦者決定戦に進むが、加藤啓子に敗れる。

2011年、第33期新人王戦予選突破、本戦初出場。

2014年1月1日から、休場。

昇段履歴[編集]