先崎彰容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

先崎 彰容(せんざき あきなか、1975年〈昭和50年〉7月15日[1] - )は、日本倫理学者、日本思想史研究者[2]日本大学危機管理学部教授[2]。専門は近代日本思想史[3]・日本倫理思想史。東京都出身[3]

概略[編集]

立教高等学校を経て、東京大学文学部倫理学卒業東北大学大学院文学研究科日本思想史博士課程単位取得修了[3]2007年「個人主義のゆくえ 福沢諭吉高山樗牛和辻哲郎にみる」で東北大学博士(文学)。政府給費留学生として、フランス・社会科学高等研究院に学ぶ(専攻:国際日本学)[要出典]東日本国際大学東洋思想研究所教授。2016年日本大学危機管理学部教授。

著書[編集]

  • 『個人主義から〈自分らしさ〉へ 福沢諭吉・高山樗牛・和辻哲郎の「近代」体験』(東北大学出版会、2010年)
  • 高山樗牛 美とナショナリズム』(論創社、2010年)
  • 『ナショナリズムの復権』(ちくま新書、2013年)、ISBN 9784480067227
  • 『違和感の正体』(新潮新書、2016年)、ISBN 9784106106675
  • 『未完の西郷隆盛 日本人はなぜ論じ続けるのか』(新潮社<新潮選書>、2017年) 
  • 『維新と敗戦――学びなおし近代日本思想史』(晶文社、2018年)
  • 『バッシング論』(新潮新書、2019年)

訳著・共著[編集]

TV出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.324
  2. ^ a b 先崎彰容”. 新世代が解く!ニッポンのジレンマ. 日本放送協会. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c 【「近代日本」を診る 思想家の言葉】三木清 悲哀の時代に「古典」を精読”. 産経ニュース. 産経デジタル. p. 4 (2015年10月22日). 2015年12月4日閲覧。