光なき世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光なき世界
ウィッシュボーン・アッシュスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロンドン ディ・レーン・リー・スタジオ英語版[1]
ジャンル ハードロックブルースロック
時間
レーベル MCAレコード/デッカ・レコード
プロデュース デレク・ローレンス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 29位(イギリス[2]
  • ウィッシュボーン・アッシュ アルバム 年表
    光なき世界
    (1970年)
    巡礼の旅
    (1971年)
    テンプレートを表示

    光なき世界』(原題:Wishbone Ash)は、イギリスロックバンドウィッシュボーン・アッシュ1970年に発表した初のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    1970年5月18日、ウィッシュボーン・アッシュがディープ・パープルオープニングアクトを務めた際、アンディ・パウエルはサウンド・チェック中にリッチー・ブラックモアジャムに興じ、そこでブラックモアに気に入られたことから、プロデューサーのデレク・ローレンスを紹介された[3]。そして、バンドがMCAレコードとの契約を得た際、ローレンスがアルバム3作をプロデュースするという条項も盛り込まれた[4]

    ジャケットには、バンド名の由来となった鳥の叉骨(wishbone)の写真が使用された[5]

    反響・評価[編集]

    全英アルバムチャートでは3週トップ100入りし、最高29位を記録した[2]。Dave Slegerはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「ウィッシュボーン・アッシュは、ほどなくしてラジオでかかりやすいプログ・ロック的な作品を発表する存在に進化したため、デビュー作が明示しているように、ブギやブルースを基盤としたグループとして出発したことには驚かされる。もし1970年にジャム・バンドという言葉があれば、ウィッシュボーン・アッシュは、そのジャンルにおける主要なプレイヤーとして認識されていただろう」と評している[6]

    収録曲[編集]

    全曲ともメンバー4人の共作。

    1. 光なき世界 - "Blind Eye" - 3:45
    2. レディ・ウィスキー - "Lady Whiskey" - 6:12
    3. あやまち - "Errors of My Way" - 6:57
    4. 悲しみの女王 - "Queen of Torture" - 3:25
    5. ハンディ - "Handy" - 11:35
    6. フェニックス - "Phoenix" - 10:27

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
    2. ^ a b WISHBONE ASH | full Official Chart History | Official Charts Company
    3. ^ Kelman, John (2018年6月23日). “Wishbone Ash: The Vintage Years 1970 - 1991”. All About Jazz. 2019年1月24日閲覧。
    4. ^ Ling, Dave (2014年4月28日). “Wishbone Ash: The Making Of Argus”. loudersound.com. Future plc. 2019年1月24日閲覧。
    5. ^ Interview with ANDY POWELL (WISHBONE ASH)”. DMME.net (2000年9月). 2019年1月24日閲覧。
    6. ^ Sleger, Dave. “Wishbone Ash - Wishbone Ash”. AllMusic. 2019年1月24日閲覧。