光を追うて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

光を追うて』(ひかりをおうて)は、徳田秋声小説である。 1938年(昭和13年)に雑誌「婦人之友」に連載された。

概要[編集]

徳田秋声の自伝小説であり、尾崎紅葉の門下になるまでの生い立ちを描いている。主人公の向山等という名前は、石川県金沢市卯辰山から由来する。