光世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

光世(みつよ、生没年未詳)は、平安時代末期、筑後国(現在の福岡県南部)の刀工。典太、伝太と称す。法名、元真。

三池(現在の福岡県大牟田市)に住んでいたため、三池典太(みいけてんた、あるいは、みいけでんた)、三池典太光世とも呼ばれる。

作風[編集]

  • 身幅が広く豪壮。
  • 刀剣に魂が乗り移り、魔を追い払う能力を持つと言われている。(前田家が大典太を所有する経緯となった伝承など)
  • 切れ味が鋭く、多数の文献に残されている。

作品[編集]

三池派[編集]

一派は三池に住んでいたので、三池派という。

三池派の銘には、次のようなものが残されているが、文献によりまちまちで関連ははっきりとはしない。

  • 三池住元真
  • 三池住光世
  • 定守
  • 傳多
  • 光世作
  • 利延
  • 利成
  • 広次
  • 善行
  • 吉行
  • 国永
  • 盛次
  • 典太
  • 傳太
  • 傳太光世
  • 政定
  • 顕次
  • 守綱
  • 実世
  • 正国
  • 次信
  • 継信
  • 三池元光

その他[編集]

  • 大牟田市高泉には、三池典太の鍛冶場があったと言われる場所がある。炉があったところだけは、いくら寒い日でも霜が降りないという言い伝えがある[2]
  • 大牟田市甘木には、三池典太の墓といわれる石がある。文字などは彫られていないが、触れば祟りがあると言い伝えられる[要出典]
  • 大牟田市三池にある酒蔵を改装した料亭「光世会館」の名前は、三池典太光世に因む。
  • 福岡県みやま市瀬高町には、三池典太の弟子の墓と言い伝えられる石碑がある(市役所観光課に問い合わせたが所在不明)[要出典]
  • 時代劇では柳生三厳(柳生十兵衞)の愛刀としてよく知られており登場も多い。

光世を題材とした作品[編集]

小説[編集]

  • 「ソハヤの記憶」(『伝奇無双「秘宝」』収録)谷津矢車、戯作舎〈戯作舎文庫〉、2019年3月。(電子書籍

出典・脚注[編集]

  1. ^ 文化庁編『戦災等による焼失文化財 増訂版 美術工芸篇』(臨川書店、1983年
  2. ^ 「大牟田の宝もの」46 「大牟田に伝わるお話」-「不思議な鎌」 (PDF)”. 2015年7月1日閲覧。