光化門駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
光化門駅
Gwanghwamun station entrance 2 20130309 101707.jpg
2番出入口
광화문
クァンファムン
Gwanghwamun
(世宗文化会館 - Sejong Center for the Performing Arts)
532 西大門 (1.1 km)
(1.2 km) 鍾路3街 534
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市鍾路区世宗大路地下 172 (世宗路 1-68)
駅番号 533
所属事業者 ソウル交通公社
所属路線 5号線
キロ程 24.2 km(傍花起点)
電報略号 首都圏電鉄AFC:2534
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
37,407人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
76,659人/日
-2016年-
開業年月日 1996年12月30日
テンプレートを表示
光化門駅
各種表記
ハングル 광화문역
漢字 光化門驛
発音 クァンファムンニョク
日本語読み: こうかもんえき
英語表記: Gwanghwamun Station
テンプレートを表示

光化門駅(クァンファムンえき)は大韓民国ソウル特別市鍾路区世宗路にある、ソウル交通公社5号線である。駅番号は(533)。世宗文化会館の副駅名が与えられている。

駅構造[編集]

プラットホーム

島式ホーム1面2線の地下駅フルスクリーンタイプのホームドア設置駅。

改札口はホーム両端付近に別個に設置され、計8か所の出入口が設けられている[1]。出口はもともと4番まであったが、隣の地下歩道を連結通路で繋げ、地下歩道の出口を駅の出口として編入した。

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

上り 5 5号線 汝矣島金浦空港傍花方面
下り 5 5号線 往十里上一洞馬川方面

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
5 5号線 乗車人員 26,542 28,922 29,461 30,164 31,816 33,068 32,815 32,150 31,492 31,311 [2]
降車人員 29,123 31,335 32,011 32,428 33,884 36,475 36,443 35,458 34,588 34,370
乗降人員 55,666 60,257 61,471 62,593 65,700 69,543 69,258 67,608 66,081 65,680
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
5 5号線 乗車人員 30,999 32,247 33,468 34,193 36,126 35,813 37,407
降車人員 34,055 34,978 35,606 35,950 37,901 37,542 39,252
乗降人員 65,054 67,226 69,074 70,142 74,027 73,355 76,659

駅周辺[編集]

駅周辺の様子
駅名の由来である光化門

駅は、ソウル旧市街の南北軸を構成する光化門路-世宗路と、東西軸を構成する鍾路が交わる世宗路4街交差点近くに位置し、世宗文化会館に接続している。景福宮と市庁(ソウル広場)のほぼ中間にあり、付近の表通りにはオフィスビルや官公庁が立ち並ぶ。

駅名の由来となっている光化門(景福宮正門)は約500m離れている。

以下の駅は至近にあり、各駅とは徒歩で乗り換えができる距離である。ただし、これらの駅との連絡運輸は行っていない。

歴史[編集]

  • 1996年12月30日 - 5号線・汝矣島 - 往十里間開通と共に開業。
  • 2019年10月3日 - 光化門一帯で大規模なデモが発生。事故の発生を回避するために光化門駅に停車する列車を通過させる措置が採られた[3]

隣の駅[編集]

ソウル交通公社
5 5号線
西大門駅 (532) - 光化門駅 (533) - 鍾路3街駅 (534)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]