光州駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光州駅
駅舎
駅舎
광주
クァンジュ
Gwangju
極楽江 (4.5km)
所在地 光州広域市北区無等路235(中興洞)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 グループ代表駅
駅等級 1級
所属路線 光州線KTX列車を含む)
キロ程 11.9km(光州線分岐起点)
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
開業年月日 1922年7月1日
光州駅
各種表記
ハングル 광주역
漢字 光州驛
平仮名
(日本語読み仮名)
こうしゅうえき
片仮名
(現地語読み仮名)
クァンジュヨク
英語 Gwangju Station
テンプレートを表示

光州駅(クァンジュえき)は大韓民国光州広域市北区にある、韓国鉄道公社(KORAIL)のである。

概要[編集]

光州広域市の旧市街地から北西へやや離れて位置するが、光州の玄関口として市を代表する駅のひとつ。盲腸線である光州線の終着駅だが、湖南線の本線上に位置する同市内の光州松汀駅よりも利用者は多い。過去にはKTXの列車の発着数も光州松汀駅より多かったものの、その後光州松汀駅の停車本数が増加し、2015年4月2日湖南高速線開業と引き換えにKTX乗り入れが廃止された。

現在の運行は、湖南線益山方面が1日9本(4本がITX-セマウル、5本がムグンファ)、木浦方面が1日1本、慶全線方面は出発2本、到着1本である。 2016年12月19日より高速鉄道利用客救済措置として当駅と光州松汀駅間のムグンファ号シャトル列車が上下計30本新設される[1]

利用可能な路線[編集]

駅構造[編集]

  • 地上駅
  • 駅の南側のみに駅舎・ロータリーがあり、ホームも駅舎に隣接した位置にある。駅敷地の北側は操車場としてのスペースが広がっている(将来、北側への連絡通路を作る計画がある)。

のりば[編集]

ホーム 路線 種別 行先 備考
1・3・4 光州線(シャトル列車) ムグンファ号 極楽江光州松汀方面
湖南高速線 KTX 益山西大田天安牙山光明龍山ソウル方面 現時廃止
5 湖南線 ムグンファ号・ヌリロ 益山・西大田・鳥致院天安水原永登浦・龍山・木浦方面
6 ITX-セマウル
  • 1・3・4番ホームにもITX-セマウル・ムグンファ号・ヌリロの当駅終着列車が到着する。

駅周辺[編集]

駅前から放射線状に道路が広がっている。

光州広域市都市鉄道(地下鉄)1号線は光州駅からはやや離れており、最寄の駅でも1km以上の距離がある。2号線が光州駅を通るルートになっているが、まだ計画段階である。

歴史[編集]

かつて光州駅に接続した慶全線の廃線跡
  • 1922年7月1日 - 開業。現在の東区内、大仁市場西端から東部消防署にかけての辺りに所在(現在、東部消防署の敷地内にかつての光州駅所在を示す石碑が建てられている)。当時は南朝鮮鉄道(後に合併して朝鮮鉄道)全南線(松汀里-潭陽)の駅。1928年に朝鮮総督府に買収され国有化(光州線)。
  • 1930年 - 南朝鮮鉄道(上記の同名会社とは別)光麗線(光州-麗水港)開通。1936年には光麗線が国有化されて線区換え、光州駅は松麗線(松汀里-麗水港;後に分れて慶全線・全羅線に改称)と(旧)光州線(光州-潭陽)の分岐駅となる
  • 1944年 - (旧)光州線が線路供出のため営業休止、後にそのまま廃止。
  • 1950年 - 朝鮮戦争の戦火により駅舎が焼失。
  • 1969年7月25日 - 都市整備の一環として現在地に移転。
  • 2000年8月10日 - 慶全線の線路付け替えにより、同線の孝泉駅-光州駅間が廃止され、新たに設定された(新)光州線の終着駅となる。
  • 2004年4月1日 - KTX開業、改築。
  • 2015年4月1日 - KTXの乗り入れを終了。
  • 2016年12月9日 - ヌリロ号乗り入れ開始。

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
光州線
極楽江駅 - 光州駅

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (朝鮮語)광주~광주송정간 무궁화호 열차 신설 알림2016年12月15日,letskorail
  • 光州駅Let's Korail駅案内(朝鮮語)
  • ウィキメディア・コモンズには、光州駅に関するカテゴリがあります。