光林寺 (今治市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光林寺
Kourinzi 0ø.jpg
境内
所在地 愛媛県今治市玉川町畑寺530
位置 北緯34度0分22.8秒東経132度57分1.4秒座標: 北緯34度0分22.8秒 東経132度57分1.4秒
山号 摩尼山
宗派 高野山真言宗
本尊 不動明王
創建年 大宝元年(701年)
開山 徳蔵上人
札所等 新四国曼荼羅霊場41番
四国三十六不動尊霊場第20番
法人番号 8500005005036
テンプレートを表示

光林寺(こうりんじ)は、愛媛県今治市玉川町畑寺にある寺院。山号は摩尼山。宗派は高野山真言宗。本尊は不動明王新四国曼荼羅霊場の第四十一番札所・四国三十六不動尊霊場第二十番札所である。

御詠歌:聞こえ来る 丹生玉川の 摩尼山の 恵みとおとし 大聖の寺

童子名: 因陀羅童子 、童子真言:おん いんだらや そわか

概要・歴史[編集]

大宝元年(701年)に文武天皇の勅を受けた徳蔵上人は白山権現(明治以降は白山神社と称する)を開基するとともに法相宗と三論宗の寺として当寺を開山した。大同元年(806年)円識上人代に真言宗になったと伝えられている。天禄3年(972年)回禄の変により全山焼失するが、長久3年(1042年)後孔雀天皇の勅願で伊予守源頼義の奉行をえて堂塔が再建。元中二年(1385年)9月南朝長慶天皇が当寺に御潜幸されたと云われている。元禄14年(1701年)今治城主が開山一千年を記念して本堂を再建。[1]

伽藍[編集]

長慶天皇供養塔
  • 山門:仁王門
  • 本堂:不動明王で、新四国曼荼羅霊場の本尊。
  • 護摩堂:不動明王で、四国三十六不動霊場の本尊。
  • 八祖大師堂:日展評議員桒山賀行の作による稚児大師と八祖大師が拝顔できる。
  • 阿弥陀堂飛燕閣:1階には阿弥陀三尊が、2階より4階は位牌堂、5階は展望室
  • 長慶天皇・今治藩主供養塔
  • 弘法大師石造:伊予府中十三石仏霊場結願之寺
  • 鐘楼

山門を通過し、城壁のような石垣を上がると正面に本堂があり、その左に阿弥陀堂飛燕閣が、さらに八祖大師堂がある。本堂の左の石段を上がっていくと護摩堂がある。納経所は本堂の右に進めばある。

そして、当寺の背後の山麓に白山神社がある。

文化財[編集]

県指定有形文化財
  • 絹本著色稚児大師像:S40.3.29指定
  • 石造宝篋印塔:S32.12.14指定
今治市指定有形文化財
  • 仁王門:S45.3.20指定
  • 金剛力士立像:S45.3.20指定
  • 宝篋印塔:S39.3.1指定
  • 五輪塔:S45.3.20指定
  • 摩尼山光林寺之図:S39.3.1指定
  • 愛染明王画像:S40.4.1指定
  • 不動明王画像:S40.4.1指定
  • 五大尊明王画像:S40.4.1指定
  • 釈迦三尊画像:S40.4.1指定
  • 弘法大師画像:S40.4.1指定
  • 地蔵尊画:S40.4.1指定
  • 像釈迦三尊十六善神画像:S40.4.1指定
  • 孔雀明王画像:S40.4.1指定
  • 愛染明王画像:S40.4.1指定
  • 金輪曼荼羅:S40.4.1指定
  • 金剛界曼荼羅:S40.4.1指定
  • 胎蔵界曼荼羅:S40.4.1指定
  • 摩尼山光林寺並びに奈良原山清浄光院蓮華寺略縁起及び元本:S39.3.1指定
  • 兵法虎之巻:S44.11.15指定
  • 虎之巻:S44.11.15指定
  • 光林寺文書:S41.4.1指定
  • 木造扁額「摩尼山」:S45.3.20指定
  • 光林寺乗用籠:S45.3.20指定

前後の札所[編集]

新四国曼荼羅霊場
40番 別宮大山祇神社-- 41番 光林寺 -- 42番 遍照院
四国三十六不動尊霊場
19番 玉蔵院松山別院 -- 20番 光林寺 -- 21番 満願寺

参考文献[編集]

  • 新曼荼羅霊場会/監修 『新四国曼荼羅霊場ガイドブック』えびす企画/刊 2007年1月

脚注[編集]

  1. ^ お不動さま巡拝 四国三十六不動霊場 2015年12月20日発行 石川達司・著 47P