光洋シーリングテクノサッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光洋シーリングテクノサッカー部
原語表記 光洋シーリングテクノ株式会社サッカー部
呼称 光洋シーリングテクノサッカー部
愛称 光洋シーリングテクノ
クラブカラー      ターコイズブルー
創設年 1993年
所属リーグ 四国サッカーリーグ
ホームタウン 徳島県板野郡藍住町
ホームスタジアム Tokushima Football Stadium.JPG徳島市球技場
徳島スポーツビレッジ
収容人数 5,600(徳島市球)
代表者 日本の旗 井口潤
監督 日本の旗 福島直樹
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

光洋シーリングテクノサッカー部(こうようシーリングテクノサッカーぶ、Koyo Sealing Techno Soccer Club)は、徳島県板野郡藍住町を本拠地として活動する社会人サッカークラブ(実業団)。正式名称は光洋シーリングテクノ株式会社サッカー部(こうようシーリングテクノかぶしきがいしゃサッカーぶ、Koyo Sealing Techno Co., Ltd. Soccer Club)である。

クラブ概要[編集]

1993年光洋シカゴ・ローハイドサッカー部(正式名称:光洋シカゴ・ローハイド株式会社サッカー部)として創部し[1]徳島県サッカー協会に加盟、徳島県サッカーリーグに参戦する。

「光洋シカゴ・ローハイド株式会社」は光洋精工株式会社(現・株式会社ジェイテクト)とシカゴ・ローハイド社との合弁会社であったが、1999年4月にこれを解消し、光洋精工の100%出資会社となったことにより、同年6月に「光洋シーリングテクノ株式会社」となった[2]。これに伴い2000年、クラブ名を光洋シーリングテクノサッカー部(正式名称:光洋シーリングテクノ株式会社サッカー部)へ改称した。

2006年に徳島県サッカーリーグ1部で12位となり、徳島県サッカーリーグ2部へ降格したが[3]2010年に徳島県サッカーリーグ2部2位となり、徳島県サッカーリーグ1部へ5年ぶりに復帰する[4]。しかし1部の壁は厚く、2011年から2012年の2年間で稼いだ勝点はわずかに「13」と苦しい戦いを強いられ、2年で徳島県サッカーリーグ2部へ敢え無く降格したが[5]2014年、徳島県サッカーリーグ2部で優勝し[6]、徳島県サッカーリーグ1部に返り咲くと、2016年、徳島県サッカーリーグ1部を無敗で優勝し、四国リーグチャレンジチーム決定戦に進出[7]、ここで高知県代表のロッサライズKFCに勝利[注釈 1]、初の四国サッカーリーグ昇格を果たし[9]、現在に至る。

歴史[編集]

  • 1993年 光洋シカゴ・ローハイドサッカー部(正式名称:光洋シカゴ・ローハイド株式会社サッカー部)として創部[1]
  • 2000年 1999年に「光洋シカゴ・ローハイド」が「光洋シーリングテクノ」へ社名変更したことに伴い、光洋シーリングテクノサッカー部(正式名称:光洋シーリングテクノ株式会社サッカー部)へ改称。
  • 2006年 徳島県サッカーリーグ1部12位。徳島県サッカーリーグ2部降格[3]
  • 2010年 徳島県サッカーリーグ2部2位。徳島県サッカーリーグ1部昇格[4]
  • 2012年 徳島県サッカーリーグ1部12位。徳島県サッカーリーグ2部降格[5]
  • 2014年 徳島県サッカーリーグ2部優勝。徳島県サッカーリーグ1部昇格[6]
  • 2016年

クラブ成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯
2006 徳島県1部 12位 5 11 1 2 8 13 34 -21 県予選敗退
2007 徳島県2部
2008
2009 4位 25 13 8 1 4 29 15 14
2010 2位 28 13 9 1 3 30 18 12
2011 徳島県1部 10位 9 11 3 0 8 12 27 -15
2012 12位 4 11 1 1 9 5 26 -21
2013 徳島県2部 4位 24 12 8 0 4 34 17 17
2014 優勝 27 12 8 3 1 35 13 22
2015 徳島県1部 4位 19 10 6 1 3 28 17 11
2016 優勝 31 11 10 1 0 67 23 44
2017 四国 8位 4 14 1 1 12 20 74 -54
2018 8位 4 14 1 1 12 8 84 -76
2019 8位 4 14 1 1 12 11 95 -84

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
代表 日本の旗 井口潤 日本の旗 光洋シーリングテクノサッカー部 選手
監督 日本の旗 福島直樹 日本の旗 徳島FCカバロス2002 選手 選手兼監督
コーチ 日本の旗 高原隆輔 日本の旗 徳島FCカバロス2002 選手 選手兼コーチ

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 広瀬良平 城ノ内高校
21 日本の旗 新開涼太 鳴門工業高校
30 日本の旗 近藤優 鳴門高校
DF 2 日本の旗 福永翼 日本の旗 llamas高知FC
5 日本の旗 佐々木康仁 神戸国際大学
6 日本の旗 新居航 四学大香川西高校
12 日本の旗 藤本貴大 日本の旗 徳島RAPAZ
13 日本の旗 新居田一将 鳴門工業高校
15 日本の旗 喜多一至 桃山学院大学
16 日本の旗 山本征矢 徳島商業高校
17 日本の旗 三橋幸輝 鴨島商業高校
19 日本の旗 岡田好史 徳島文理大学
22 日本の旗 濱柊平 徳島科学技術高校
24 日本の旗 中川祐介 BLUE VERHO
26 日本の旗 多田将弘 徳島FCカバロス2002ユース
28 日本の旗 福島直樹 日本の旗 徳島FCカバロス2002 選手兼監督
MF 7 日本の旗 香西恵介 徳島商業高校
8 日本の旗 松田康宏 鳴門工業高校
9 日本の旗 種林大貴 近畿大学
11 日本の旗 田上勇輝 大阪体育大学
14 日本の旗 小巻友希 徳島商業高校
20 日本の旗 友成健吾 姫路獨協大学
27 日本の旗 山田篤弥 徳島科学技術高校
29 日本の旗 川端駿介 徳島FCカバロス2002ユース
FW 3 日本の旗 平岡祐也 日本の旗 明神FC
10 日本の旗 阿部顕大 阪南大学
18 日本の旗 高原隆輔 徳島FCカバロス2002 選手兼コーチ
23 日本の旗 南條駿 阪南大学
25 日本の旗 橋井創 姫路獨協大学

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) ターコイズブルー ターコイズブルー ターコイズブルー
FP(2nd)
GK(1st) グレー グレー グレー
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      ターコイズブルー

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
光洋シーリングテクノ Koyo 2016年 - 2016年は
「Koyo
Sealing Techno
表記
背中上部 渡辺塗料 渡辺塗料 2017年第11節 -
背中下部 ジェイテクト JTEKT 2017年第11節 -
なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2016 Koyo
Sealing Techno
- - - - SRYEV
2017 Koyo -/渡辺塗料(第11節-) -/JTEKT(第11節-) UMBRO
2018 渡辺塗料 JTEKT

注釈[編集]

  1. ^ a b 本来であれば、この後四国サッカーリーグ自動昇格及び入替戦を決定する決勝戦と、四国サッカーリーグ7位のクラブとの入替戦があるが、この年は四国サッカーリーグ優勝のFC今治JFLへ昇格した事に伴い、チャレンジチーム決定戦1回戦勝者2チームは四国サッカーリーグに自動昇格し、決勝戦及び入替戦は実施されなかった[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b “光洋シーリングテクノ” (プレスリリース), https://www.goalnote.net/detail-team.php?tid=9183 2017年3月16日閲覧。 
  2. ^ “会社概要” (プレスリリース), http://www.koyo-st.co.jp/profile/index.html 2017年3月16日閲覧。 
  3. ^ a b “徳島県1部リーグ” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?YEAR=2006&LEAGUE=1361&AREA=0&RANKMODE=1&FORMACTION=1 2017年3月16日閲覧。 
  4. ^ a b “徳島県2部リーグ” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?YEAR=2010&LEAGUE=1362&AREA=0&RANKMODE=1&FORMACTION=1 2017年3月16日閲覧。 
  5. ^ a b “徳島県1部リーグ” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?YEAR=2012&LEAGUE=1361&AREA=0&RANKMODE=1&FORMACTION=1 2017年3月16日閲覧。 
  6. ^ a b “徳島県2部リーグ” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?YEAR=2014&LEAGUE=1362&AREA=0&RANKMODE=1&FORMACTION=1 2017年3月16日閲覧。 
  7. ^ a b “徳島県1部リーグ” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?YEAR=2016&LEAGUE=1361&AREA=0&RANKMODE=1&FORMACTION=1 2017年3月16日閲覧。 
  8. ^ 平成28年度四国サッカーリーグチャレンジチーム代表決定戦 実施要項 (PDF)”. 愛媛県サッカー協会. 2016年12月11日閲覧。
  9. ^ a b “四国チャレンジチーム決定戦” (プレスリリース), http://soccergen.info/JLeague/J710PrefectureLeague.aspx?LEAGUE=1360&REGION=888&YEAR=2016&FORMACTION=8 2017年3月16日閲覧。