光珍寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
光珍寺
Kouchinji.jpg
所在地 岡山県岡山市北区磨屋町6-28
位置 北緯34度39分53.45秒
東経133度55分27.99秒
山号 柴岡山
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 伝・天平勝宝元年(749年)
開基 伝・報恩大師
法人番号 2260005000422
テンプレートを表示

光珍寺(こうちんじ)は、岡山県岡山市北区にある天台宗の寺院。山号は柴岡山(しばおかやま)。本尊は阿弥陀如来宇喜多氏の菩提寺である。

概要[編集]

寺伝が詳細に書かれた『備陽記』によれば、報恩大師が奈良時代天平勝宝元年(749年)、備前国に48ヶ寺を建立した際、2番目に建立した寺院とされる。元来は隣接する岡山寺と同一の寺院であった。

分割までの歴史は岡山寺#歴史を参照。

江戸時代前期の慶安5年(1652年岡山藩池田光政の時代、寺院管理の公示により岡山寺光珍寺(現・光珍寺)と岡山寺観音坊(現・岡山寺)に分割された。

昭和20年(1945年6月29日岡山空襲によって伽藍を焼亡した。この際に、寺宝の愛染明王像・宇喜多直家木像や宇喜多家歴代の位牌も同時に焼失した。昭和55年(1980年)に本堂が再建された。