光禄勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

光禄勲(こうろくくん)とは、中国の官名である。

秦・前漢[編集]

九卿の1つ。において、宮殿における脇の門(「掖門」)の守衛を管轄した郎中令を起源とする。属官には、大夫、郎、謁者があった。

前漢でも引き続き置かれ、武帝太初1年(紀元前104年)に、光禄勲と改称された。属官は、秦代の3属官に加え、期門、羽林が加えられている。

  • 大夫 - 「論議」、すなわち朝廷での政策進言等を管轄。太中大夫(秩禄比千石)、諫大夫(武帝が元狩5年(紀元前118年)に設置。秩禄比八百石)、中大夫(太初1年に光禄大夫と改称。秩禄比二千石)がある。定員は無く、多いときは数十人置かれた。
  • 郎 - 宮門の守衛を管轄し、皇帝の巡幸の際には車騎に乗った。議郎、中郎(秩禄比六百石)、侍郎(秩禄比四百石)、郎中(秩禄比三百石)がある。定員は無く、多いときは千人置かれた。
    • 中郎将 - 五官、左、右の3将がある(いずれも秩禄比二千石)。
    • 郎中将 - 車、戸、騎の3将がある(いずれも秩禄比千石)。
  • 謁者 - 迎賓等を管轄。定員は70人。秩禄比六百石。
    • 謁者僕射 - 秩禄比千石。
  • 期門 - 武帝が建元3年(紀元前138年)に設置。護衛兵を統括。定員は無く、多いときは千人置かれた。僕射も置かれる。地位は郎と同格であった。平帝元始1年(1年)に虎賁郎と改称された。
    • 虎賁中郎将 - 元始1年設置(秩禄比二千石)。
  • 羽林 - 武帝が太初1年に設置。期門より低位である。皇帝の警護を担当。最初は建章営騎と呼んだが、後に羽林騎と改められた。従軍して戦死した者の子孫を羽林として養成し、5種類の武器(「五兵」)を訓練させ、これを羽林孤児と呼んだ。羽林には、令、丞が置かれた。
    • 羽林中郎将、羽林騎都尉 - 宣帝の時代に設置。羽林を監督。秩禄比二千石。

後漢以降[編集]

後漢でも、引き続き光禄勲は置かれている。秩禄は中二千石。丞1人(比千石)を置く。属官は以下のようになっている(括弧内は秩禄。人数を書いていないものは、定員無し)。郎官は宮中を守衛し、皇帝が巡幸するときは車騎に同乗した。大夫、議郎は、顧問や応対を掌り、有事ではないときは詔令の使者となった。

  • 五官中郎将1人(比二千) - 五官中郎(比六百) - 五官侍郎(比四百) - 五官郎中(比三百)
  • 左中郎将(比二千) - 中郎(比六百) - 侍郎(比四百) - 郎中(比三百)
  • 右中郎将(比二千) - 中郎(比六百) - 侍郎(比四百) - 郎中(比三百)
  • 虎賁中郎将(比二千) - 左右僕射各1人、左右陛長各1人、虎賁中郎(比六百) - 虎賁侍郎(比四百) - 虎賁郎中(比三百) - 節従虎賁(比二百)
  • 羽林中郎将(比二千) - 羽林郎(比三百)
  • 羽林左監1人(六百) - 羽林左監丞1人
  • 羽林右監1人(六百) - 羽林右監丞1人
  • 奉車都尉(比二千)
  • 駙馬都尉(比二千)
  • 騎都尉(比二千)
  • 光禄大夫(比二千)
  • 太中大夫(千)
  • 中散大夫(六百)
  • 諌議大夫(六百)
  • 議郎(六百)
  • 謁者僕射1人(比千) - 常侍謁者5人(比六百) - 給事謁者(四百)、灌謁者(比三百)計30人

三国時代の各国や西晋でも引き続き置かれた。

参考文献[編集]