光華号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光華号
DR2705 at Taichung.JPG
イベント運行で光華号のヘッドマークを付けたDR2700型気動車(光華号の現役運行時は前面も無塗装であった)
各種表記
繁体字 光華號
簡体字 光华号
拼音 Guānghuáhào
注音符号 ㄍㄨㄤ ㄏㄨㄚˊ ㄏㄠˋ
発音: クワンホワハオ
台湾語白話字 Kong-hôa-ji̍t
日本語読み: こうかごう
英文 Kuang-Hua Express
テンプレートを表示
光華号
(中国語:光華號)
運行地域 台湾
列車種別 特急
運行時期 1966年10月31日 - 1979年7月14日
運行路線 西部幹線縦貫線屏東線
主要停車 基隆、台北、新竹、台中、彰化、嘉義、台南、高雄、屏東
軌間 1067mm
営業主体 台湾鉄路管理局

光華号(こうかごう)は中華民国台湾台湾鉄路管理局西部幹線で運行していた優等列車自強号登場前の最速列車であった。なお、廃止されたが、台東線で活躍中のDR2700型が光華号名義で運行する場合がある。しかし、LED表示機器に「光華号」という車種表示は無いので「観光号」で代用する。 東部幹線(台東線)の同名の列車は台東線光華号を参照。

概要[編集]

1966年10月31日世界銀行の借款により新規購入したDR2700型気動車台北高雄間の半直達特快車として光華号を運行開始した。海線経由の列車は途中停車駅が台南駅のみで4時間45分で走った(高雄7時20分発車,台南7時57分発車,台北12時05分到着)。これは電化前の台湾で地上最速の乗り物であった。初期のある列車では台鉄弁当が提供されていた(1970年の経済日報による。2002列車は食事付きであり、18の値段が乗車券の金額に含まれていた。)最初の乗車券の価格は台北から台中が71元、台北から台南が138元5角、台北から高雄が158元、台南から高雄が20元であった。

命名[編集]

台鉄はDR2700型投入に際して愛称を一般公募した。1966年3月1日から15日までに集まった総応募数1,915票には鉄道のない金門県澎湖県からの応募も少なくなかった[1](p28)。 872もの命名案から一次選考で30案が選出され、二次選考で10案に絞り込まれた。最終的に第6代台鉄局長だった林則彬が「光華号」を選定し、8月10日にテレビ放送で発表された[1](p28)。 また、応募参加者には抽選で景品が贈呈された。1等賞は賞金1,000ニュー台湾ドル(NT$)、2等賞は賞金600NT$、3等賞は300NT$で他にも台北高雄間の往復乗車券が進呈されている[1](p28)

歴史[編集]

重大事故[編集]

  • 1966年11月4日:光華号は最初の事故を起こした。場所は台北市宝慶路交差で1名の通行人が死亡した。
  • 1973年11月6日:2003次がトラックと衝突して乗客1名死亡、四十余名が負傷した。この事故を機にその場所は立体交差化された。それが今の嘉義市博愛陸橋である。
  • 1976年7月21日:2001次がトラックと衝突して乗客1名が死亡した。
  • 1978年5月13日:2002次がトラックと衝突して乗客31名が負傷した。
  • 1979年1月22日:3086次がトラックと衝突して運転士車掌が殉職した。

縦貫線光華号時刻表[編集]

時刻表中の(着)を除き出発時刻
下行
  • 1966年10月31日改訂
    車種の山光華は山線経由、海光華は海線経由
車種 車次 台北 新竹 台中 彰化 嘉義 台南 高雄(着)
山光華 3005     7:55 8:11 9:31 10:29 11:05
山光華 3001 11:00 12:04 13:43 14:00 15:04 15:55 16:30
海光華 3501 15:55 ---- ---- ---- ---- 20:05 20:40
山光華 3503 19:40 ---- 22:04        
3500系列車次は1967年改編で2000系列車次となった。
年度 車次 経由 基隆 台北 新竹 彰化 嘉義 台南 高雄 屏東(着)
1978 2001 海線 15:50 16:30 17:34 19:05 20:07 20:58 21:47 22:13


上行
年度 車次 経由 屏東 高雄 台南 嘉義 彰化 新竹 台北 基隆(着)
1978 2002 海線 06:44 07:15 08:00 08:46 09:56 11:23 12:30 12:57

使用車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f (繁体字中国語)(英語)鐘清達、何獻霖、徐仁財 (2017-05-01). 鐵道生活文化專輯5:白鐵仔的榮光風華:光華號50週年紀要. 台湾鉄路管理局. ISBN 9789860523652. https://www.railway.gov.tw/tra-tip-web/tip/file/0f536c54-affe-4aa6-b13c-f3b764a18356. 
  2. ^ (繁体字中国語)鄭仁崇 (2000). 臺灣後山鐵道風華. 花蓮縣文化局. ISBN 9570243422. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_001_00000673.  国家図書館