光行次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光行次郎
Jiro Mitsuyuki.jpg
生年月日 (1873-01-20) 1873年1月20日
出生地 佐賀県
没年月日 (1945-08-06) 1945年8月6日(72歳没)
出身校 東京帝国大学

在任期間 1935年5月13日 - 1936年12月18日

貴族院議員
在任期間 1939年7月4日 - 1945年8月6日
テンプレートを表示

光行 次郎(みつゆき じろう、明治6年(1873年1月20日 - 昭和20年(1945年8月6日)は、日本検察官政治家検事総長貴族院議員

経歴[編集]

佐賀県出身。明治法律学校を経て、1904年東京帝国大学に入学し、卒業。

司法省人事局長、東京控訴院検事長などを歴任し、1935年検事総長となる。1936年二・二六事件が起こった日に登庁せずに待合「梅乃井」に身を潜めたことについて東京区検・地検検事が検事総長弾劾に立ち上がり、少壮検事約50人が総長辞職を求める連判状が取りまとめられた[1]。この影響もあり同年12月に退官した[1]

1939年貴族院議員。

1945年死去。

参考文献[編集]

  • 「職員録」(内閣官報局 1904)
  • 「明治の名法曹物語」(日本評論社 1974)
  • 「幻の関東軍解体計画」(祥伝社 1989)

脚注[編集]

  1. ^ a b 上田誠吉「司法官の戦争責任」103頁
先代:
林頼三郎
検事総長
1935年 - 1936年
次代:
泉二新熊