光道隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光 道隆(ひかり みちたか)は、日本数学者。慶應義塾大学教授。専門は代数学群論

来歴・人物[編集]

1969年埼玉大学理工学部数学科卒業。1971年筑波大学大学院理学研究科修士課程修了。1984年理学博士(筑波大学)を授与される。1974年東海大学理学部専任講師、1977年、慶應義塾大学経済学部助教授を経て、1989年より慶應義塾大学経済学部教授。

著書・論文[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『初学者のための線形代数入門』、培風館、1998年
  • 『トポロジー』(深見哲造・渡部隆一・共編)、培風館、1987年

共著[編集]

  • 『線形代数』(「ベクトルと行列」、「連立1次方程式」を担当)、培風館、1991年

翻訳[編集]

論文[編集]

  • Skew linear group of odd order (Hiyoshi Review of Natural Science, Keio Univ., 23/, 1-4, 1998)
  • Simple skew linear groups of degree 3 (Hiyoshi Review of Natural Science, Keio Univ., 21/, 23-27, 1997)
  • Non-solvable multiplicative subgroups of simple algebras of degree 2 (Tokyo J. Math., 8/1, 151-166, 1985)
  • On simple groups which are homomorphic images of simple algebras of degree 2 (J. Math. Soc. Japan, 35/, 563-569, 1983)
  • On finite multiplicative subgroups of simple algebras of degree 2 (J. Math. Soc. Japan, 28/, 736-748, 1976)
  • 直積とその表現について (有限群群環と表現論)」(『数理解析研究所講究録』 0111, 47-56, 1971年)