光BOX2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

光BOX2(ひかりぼっくすつー)とは、東日本電信電話(NTT東日本)が提供していたAndroidセットトップボックス2012年6月20日に販売開始。

概要[編集]

HDMI を使いテレビディスプレイと接続して利用するセットトップボックス。

アプリストアは Android 標準の Google Play が利用できないが、フレッツ・マーケットを利用可能。

仕様[編集]

製品名 光BOX2
OS Android 2.2
映像・音声出力 HDMI
USB USB ホスト × 1
イーサーネット 10/100Base-TX × 1
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n
CPU ARM11 1GHz
DRAM
フラッシュメモリ 2GB
大きさ 135×109×25mm
重さ 160g
その他 リモコン

価格[編集]

税込み8,400円で販売していた。光iフレームとは異なりレンタル契約はなかった。

不具合[編集]

2013年1月22日、一般社団法人VCCI協会が定める基準に適合しておらず、稀にテレビ放送の画面が乱れる、ラジオに雑音が入る事象が発生する可能性があることが発表された[1]。既存ユーザーに対しては後継機種への無償交換が行われる予定。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「光BOX2」をご利用のお客さまへ”. 東日本電信電話株式会社 (2013年1月22日). 2013年1月25日閲覧。