児島泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

児島 泰彦(こじま やすひこ、1918年(大正7年)9月1日 - 1945年(昭和20年)6月12日)は、日本の水泳選手。ベルリンオリンピック100メートル背泳ぎに出場。

経歴[編集]

1918年(大正7年)9月1日広島県坂村(現安芸郡坂町)に生まれる。同村の横浜尋常小学校を卒業し、広島市の旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)に進む。修道中学在学中から水泳選手として活躍し、1936年(昭和11年)慶應義塾大学に進学。この年に開催されたベルリンオリンピックに日本代表として100メートル背泳ぎで出場。8月12日の予選で1着、準決勝では3着で決勝進出、14日の決勝では6位入賞(1分10秒4)となった。1944年(昭和19年)沖縄海軍航空隊に配属され、1945年(昭和20年)6月12日沖縄戦で戦死[1][2]

脚注[編集]

関連項目[編集]