児玉好弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
児玉 好弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1946-02-13) 1946年2月13日(71歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト外
初出場 1971年
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

児玉 好弘(こだま よしひろ、1946年2月13日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

山口鴻城高在学時の1962年、2年生ながらチームの主戦投手として夏の甲子園に出場。1回戦は溝部睦投手との継投で大分商に1-0で辛勝。しかし2回戦では西条高(愛媛)の石川洵投手(立大鐘紡)、村上公康捕手のバッテリーに0-4で完封を喫する。

高校卒業後は、社会人野球日本軽金属で活躍。1965年プロ野球ドラフト会議で、東京オリオンズから15位指名を受けたが、これを拒否し残留。エースとして1969年第40回都市対抗野球大会へ18年ぶりの出場を果たす。1回戦で優勝候補の日本生命と対決、延長10回の熱戦の末、1-3で敗れた。

その後、1970年オフにドラフト外阪急ブレーブスへ入団。翌春のオープン戦から活躍を見せ、主に中継ぎとしてルーキー・イヤーの1971年に6勝、翌年には自身シーズン最多となる10勝を挙げた。この両年ともチームのリーグ優勝に貢献、1972年の日本シリーズでは3試合に登板したが、第2戦で敗戦投手となっている。

その後、1974年オフに白石静生大石弥太郎両投手との交換トレードで宮本幸信渡辺弘基と共に広島東洋カープへ移籍したが、カープでは殆んど出番が無かった。1976年には金銭トレードで太平洋クラブライオンズへ移るも、3試合のみの登板に終わり、この年暮れに引退した。

オーソドックスな上手投げからストレート、カーブ、シュート、スライダー。主にシュート、スライダー中心の組み立てをした。スピードは無いが制球が良かった。

現在は、埼玉県入間市でアルミ建材とガラスを扱う企業の取締役を務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 阪急 40 2 0 0 0 6 3 -- -- .667 387 91.1 90 13 32 5 4 44 0 0 51 46 4.55 1.34
1972 39 0 0 0 0 10 4 -- -- .714 373 94.2 88 7 16 2 1 27 0 0 32 28 2.65 1.10
1973 30 0 0 0 0 4 4 -- -- .500 217 51.2 58 5 11 0 2 18 1 0 28 21 3.63 1.34
1974 16 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 138 30.0 44 5 7 0 2 13 1 0 24 22 6.60 1.70
1975 広島 11 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 49 9.2 13 3 7 2 0 8 1 0 9 8 7.20 2.07
1976 太平洋 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 6.0 11 4 0 0 0 1 0 0 8 8 12.00 1.83
通算:6年 139 3 0 0 0 22 13 0 -- .629 1192 283.1 304 37 73 9 9 111 3 0 152 133 4.23 1.33

背番号[編集]

  • 31 (1971年 - 1974年)
  • 23 (1975年)
  • 34 (1976年)

関連項目[編集]