児玉新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
児玉 新 Football pictogram.svg
名前
愛称 アラタ
カタカナ コダマ アラタ
ラテン文字 KODAMA Arata
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-08) 1982年10月8日(34歳)
出身地 大阪府高槻市
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
ポジション DF (LSB, CB) / MF (DH)
利き足 左足
ユース
1998-2000 ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2005 ガンバ大阪 25 (0)
2006 京都パープルサンガ 31 (0)
2007-2011 清水エスパルス 106 (1)
2012 セレッソ大阪 3 (0)
2013 大分トリニータ 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

児玉 新(こだま あらた、1982年10月8日 - )は、大阪府高槻市出身のサッカー指導者、元プロサッカー選手ポジションディフェンダー

来歴[編集]

現役時代[編集]

ガンバ大阪ユースから2001年にトップチームに昇格(ユースからの同時昇格は井川祐輔日野優)。新井場徹の後継者と目されたが、レギュラー定着には至らなかった。

2006年京都パープルサンガレンタル移籍。京都では左サイドバック、センターバックのレギュラーとして出場しチームに貢献した。

その活躍が認められ2007年はG大阪から清水エスパルスにレンタル移籍で加入し、左サイドバックのレギュラーとして定着。2008年フェルナンジーニョとともに完全移籍した。

2009年と2010年は副キャプテンを務め、兵働昭弘がピッチ上に居ない場合はキャプテンマークを巻いてプレーした。2011年シーズンは5月に右膝靭帯を損傷し長期離脱した。シーズン終盤に復帰したがリーグ戦2試合に途中出場したにとどまった[1]

2012年セレッソ大阪に完全移籍したが、リーグ戦出場3試合、天皇杯出場1試合と出場機会に恵まれなかった。翌2013年は大分トリニータに完全移籍[2]。同年11月28日、契約満了による退団が発表された[3]

2014年10月8日、現役引退を発表した。

指導者時代[編集]

2015年、古巣ガンバ大阪のアカデミーコーチに就任。2016年よりガンバのトップチームのコーチに就任。

エピソード[編集]

児玉農園[編集]

2007年に、気まぐれから枝豆の栽培キットを購入して、自身のブログで栽培の様子を掲載。当初明らかに間違った育て方をしていたものの、ブログを読んだ園芸好きのサポーターからのアドバイスなどを受けながら、無事収穫に至った。翌2008年にも枝豆栽培に再挑戦して1年目以上の収穫を挙げ、この枝豆は同年10月18日の川崎フロンターレ戦で「児玉選手の育てた『児だ豆』」として来場者の中から抽選で2名にプレゼントされた。

2009年にはゴーヤミニトマトといった様々な野菜作りにも挑戦するなど、家庭菜園は完全な趣味となっており、同年7月には、これらの野菜をデザインしたTシャツとエコバッグをプロデュースした[4]

スローゴール[編集]

2009年4月29日の浦和戦で、Jリーグ初ゴールを記録[5][6]。リーグ通算123試合目での初得点は、桑原裕義(244試合目)、實好礼忠(213試合目)に次いで、史上3番目のスロー記録である[7]

プロ野球[編集]

プロ野球が好きで、大阪に住んでいた頃は阪神タイガースオリックス・バファローズのファンクラブに入っていた[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 G大阪 13 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 28 0 0 0 0 1 0 1 0
2003 9 0 1 0 0 0 10 0
2004 17 13 0 4 0 4 0 21 0
2005 3 0 7 0 0 0 10 0
2006 京都 7 31 0 4 0 0 0 35 0
2007 清水 2 33 0 6 0 3 0 42 0
2008 26 0 5 0 3 0 34 0
2009 30 1 9 0 5 1 44 2
2010 15 0 5 0 2 0 22 0
2011 2 0 0 0 0 0 2 0
2012 C大阪 22 3 0 0 0 1 0 4 0
2013 大分 2 11 0 4 0 2 0 17 0
通算 日本 J1 176 1 45 0 21 1 242 2
総通算 176 1 45 0 21 1 242 2

代表歴[編集]

  • U-15日本代表
  • U-16日本代表
  • U-18日本代表
  • U-22日本代表

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

指導歴[編集]

  • 2015年 - ガンバ大阪
    • 2015年 ガンバ大阪アカデミージュニア枚方コーチ
    • 2016年 - ガンバ大阪トップチームコーチ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “DF児玉、C大阪で再起…清水”. スポーツ報知. (2011年12月26日). オリジナル2011年12月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111226005501/http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20111225-OHT1T00190.htm 
  2. ^ 児玉 新選手 セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ”. 大分トリニータ (2012年12月28日). 2013年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月22日閲覧。
  3. ^ 契約満了選手のお知らせ”. 大分トリニータ (2013年11月28日). 2013年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月22日閲覧。
  4. ^ エスパルス オフィシャルオンラインショップ限定 マンスリープレイヤーズプロデュースTシャツ(児玉新選手)発売のお知らせ(2009年8月21日時点のアーカイブ
  5. ^ 初ゴール(2009年5月21日時点のアーカイブ) - 児玉新公式ブログ、2009年5月1日付記事。
  6. ^ “清水児玉フィーバー、初ゴールに祝福攻め”. nikkansports.com. (2009年5月1日). オリジナル2009年5月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090503145144/http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20090501-489346.html 2016年8月19日閲覧。 
  7. ^ “清水・児玉123試合目のJ初ゴール”. スポニチ Sponichi Annex. (2009年4月30日). オリジナル2009年5月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090503084045/http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/04/30/04.html 
  8. ^ 夏休み(2007年9月2日時点のアーカイブ) - 児玉新公式ブログ、2007年8月31日付記事。