児童出版美術家連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

児童出版美術家連盟(にほんしゅっぱんびじゅつかれんめい、Japan Children's Book Artists Society)は、絵本など児童向け出版物のために絵画などを制作する美術家の団体。略称は「童美連」または、「JCBAS」。

1964年8月、結成。画家の著作権を守る運動に取り組む。原画の返却の徹底や増刷に伴う印税支払いのシステムも確立してきた。いわさきちひろ谷内六郎深沢紅子、箕田源二郎、馬場のぼるらも生前は会員だった[1]

専門部として、著作権部、事業部、広報部、会報部、書記局、厚生部、会計部がある[2]。「文芸美術国民健康保険組合」に加盟。

目次

沿革

主な事業

  1. ^ 会員名簿児童出版美術家連盟サイト
  2. ^ 各部紹介児童出版美術家連盟サイト
  3. ^ 日本美術著作権連合とはイラストレーター・塚崎健吾公式サイト内

今日は何の日(2月23日

もっと見る

「児童出版美術家連盟」のQ&A