党毅飛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

党毅飛(とう かくひ、党毅飞、1994年6月17日 - )は、中国囲碁棋士山西省出身、中国囲棋協会に所属、九段。西南王戦準優勝、LG杯世界棋王戦優勝、農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦で5人抜きなど。

経歴[編集]

太原市生まれ。2004年、全国少年囲棋戦ベスト4。2005年韓国生命保険杯世界児童国手戦最強組優勝。2006年華山大会全国アマチュア棋王争覇戦優勝。2007年、中韓アマチュア囲棋嶺峰対決で、韓国代表の姜昌培に勝利。同年初段。

2008年に四川驕子チーム入りし、甲級リーグ戦出場。これにより西南王戦に出場し、古力を破りベスト4入り。2009年全国智力運動会では、四川チームで参加して団体戦優勝、三段。2011年、西南王戦で準優勝、BCカード杯に予選を勝抜いて出場し2回戦敗退、名人戦でベスト4進出。2012年BCカード杯で李世乭らを破り決勝に進むが、白洪淅に1-3で敗れ準優勝。同年阿含・桐山杯ベスト4。

2013年Mlily夢百合杯ベスト8。2014年中国囲棋天元戦ベスト4、百霊愛透杯出場。2016年LG杯棋王戦で決勝に進み九段昇段、2017年の決勝では周睿羊を2-0で破り、世界戦初優勝。2018年農心杯で5人抜き達成。

中国棋士ランキングでは、2011年52位、2012年8月には24位。

主な棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 全国智力運動会 2009年男子団体戦優勝(四川省)
  • 西南王戦 準優勝 2011年
  • 四城市囲棋嶺峰対決 準優勝 2014年[1]
  • 中国人寿華水湾杯双人戦 準優勝 2015年(馮湧とペア)
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2008年(四川驕子)2-4
    • 2009年(四川驕子)13-7
    • 2010年(四川驕子、降級)4-15
    • 2011年乙級(四川驕子)4-3
    • 2012年乙級(四川驕子)5-2
    • 2013年乙級(四川驕子)4-3
    • 2014年(成都興業銀行)6-16
    • 2015年乙級(成都棋城)6-1
    • 2016年(成都興業銀行)8-12
    • 2017年(成都園丁控股)10-16
    • 2018年(成都園丁控股)

参考文献[編集]

  • 『2010囲棋年鑑』中国囲棋協会 2011年

脚注[編集]

  1. ^ http://sports.qq.com/a/20141001/021781.htm 腾讯体育「唐韦星胜党毅飞家门口夺冠 拿下四城市赛冠军」