入不二基義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
入不二 基義
人物情報
生誕 (1958-11-11) 1958年11月11日(61歳)
日本の旗 日本 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学文学部哲学科
同大学院人文科学研究科
学問
研究分野 哲学倫理学論理学
研究機関 山口大学
青山学院大学
学位 文学修士
主要な作品相対主義の極北』(春秋社、2001年)
『時間と絶対と相対とーー運命論から何を読み取るべきか』(勁草書房、2007年)他
主な受賞歴 青山学院学術褒賞(2008年)
脚注
同級生に阿部嘉昭今野真二がいる。
テンプレートを表示

入不二 基義(いりふじ もとよし、1958年11月11日 - )は、日本哲学者[1]。専門は分析哲学倫理学論理学山口大学助教授を経て青山学院大学教育人間科学部教授[1]

経歴・人物[編集]

神奈川県立湘南高等学校卒。高校時代は文芸部に所属し、同級生に阿部嘉昭今野真二がいる。

東京大学文学部哲学科卒。東京大学大学院人文科学研究科哲学専門課程修士課程修了。東京大学大学院人文科学研究科哲学専門課程博士課程単位取得。最終学位は文学修士(東京大学)。

駿台予備学校英語科講師、山口大学助教授を経て、2004年より青山学院大学教育人間科学部教授。

51歳でレスリングを始めて[2]、試合にも出場する現役レスラーである。朝日カルチャーセンター講師としても活動している。

苗字[編集]

入不二基義によれば、入不二(いりふじ)という珍しい名字は、大乗仏教の経典『維摩経』に出てくる「入不二法門」(にゅうふにほうもん)の話に由来するという[3][4]。「入不二」(にゅうふに)とは善と悪、生と死、真と偽といった二項対立型の概念について、それら二つのものは本来ひとつのものである(不二)ということを知る、悟る(不二に入る)といった意味の言葉。

著書[編集]

  • 『〈思考する〉英文読解』、駿台文庫(駿台レクチャー叢書)、1993年。
  • 相対主義の極北』、春秋社、2001年、ちくま学芸文庫、2015年。
  • 『時間は実在するか』、講談社現代新書、2002年。
  • ウィトゲンシュタイン――「私」は消去できるか』、日本放送出版協会(シリーズ・哲学のエッセンス)、2006年。
  • 『時間と絶対と相対と――運命論から何を読み取るべきか』、勁草書房、2007年。
  • 『哲学の誤読―入試現代文で哲学する!』、ちくま新書、2007年。
  • 『足の裏に影はあるか?ないか? 哲学随想』、朝日出版社、2009年。
  • 『あるようにあり、なるようになる――運命論の運命』、講談社、2015年。

共著[編集]

  • 『大学デビューのための哲学』、霜栄、大島保彦共著、はるか書房、1992年。
  • 『哲学者たちは授業中』、入江幸男、松葉祥一上野修大島保彦共著、ナカニシヤ出版、1997年
  • 『〈私〉の哲学を哲学する』、永井均上野修青山拓央共著、講談社、2010年。
  • 『Q わたしの思考探究1』、NHK「Q」制作班編、NHK出版、2011年。
  • 『哲学の挑戦』、西日本哲学会編、春風社、2012年。
  • 『子どもの難問』、野矢茂樹編、中央公論新社、2013年。
  • 『現代哲学ラボ――第1号:入不二基義のあるようにありなるようになるとは?』、哲楽編集部編、MIDアカデミックプロモーションズ、2016年。
  • 中島義道永井均・入不二基義・香山リカ 『香山リカと哲学者たち』 ぷねうま舎、2017年3月。

編著[編集]

  • 『英語で読む哲学』、北野安寿子、小池翔一、小山悠、壁谷彰慶、今村健一郎著、研究社、2013年。

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中島義道永井均・入不二基義・香山リカ 『香山リカと哲学者たち』 ぷねうま舎、2017年3月、第一章の冒頭のページ(ページ番号無し)。
  2. ^ 【全日本マスターズ選手権・特集】初勝利はお預けだが、2年前より進歩…青学大・入不二基義教授|Japan Wrestling Federation - 日本レスリング協会公式サイト - JWF”. 日本レスリング協会. 2017年6月7日閲覧。
  3. ^ Profile - 入不二基義”. 2017年6月7日閲覧。
  4. ^ 入不二基義 『足の裏に影はあるか? ないか? 哲学随想』 朝日出版社、2009年。[要ページ番号]