入佐英之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

入佐英之(いりさ ひでゆき、1979年7月15日)は、宮崎県小林市出身の元サッカー選手。F.C.Brilla(エフ.シー.ブリーラ)代表兼監督。元佐川急便大阪SCポジションミッドフィルダーJFAスポーツマネージャーズカレッジ修了生。

愛称は、イリサ、イリサン、ヒデくん。背番号7、利き足は右。身長168㎝、体重70㎏。

来歴[編集]

小学3年生のときに、3歳年上の兄の影響で西小林スポーツ少年団でサッカーを始める。

運動の大好きな少年で、毎週月曜日には体育の授業がないと腹痛を訴えて学校をさぼろうとしていた。

中学校では、本人の入学と同時に創立した西小林中学校サッカー部で頭角を現し、九州地区トレセンに選出される。

高校は、当時日章学園の監督だった早稲田一男氏(現在は宮崎日大総監督)に憧れて鹿児島実業高校などの数校からの誘いを断り、日章学園高等学校へ進学する。

入学してすぐにスターティングメンバーに起用され、1、2年時には左サイドハーフで3年時にはセンターハーフとして活躍した。2年生の時には全国高校サッカー選手権大会へ出場、チームの勝利に貢献した。

高校卒業と同時に、当時の佐川急便大阪SCへ入団、JFL昇格を経験、2004年までボランチとして活躍[1]した。関西サッカーリーグ時代にはベストイレブン[2]にも選ばれる。

チームメートには、本人がサッカーの本質を学んだと影響を受けた中口雅史などがいる。

選手引退後は、フロントとして主に企業との予算交渉やマネジメントを主に担当した。佐川急便東京SCとの合併後のSAGAWA SHIGA FCでのフロント時代[3]には、3度のJFL優勝を経験。

2012年チームの解散と同時に帰郷、指導者としてチームを作ることを目指す。

指導方法は、滋賀県で当時長男が所属していたAZUL Football Club(当時、現在レアル・マドーリード所属の中井卓大も所属)での経験が活きている。

2014年にはMSU(現在のテゲバジャーロ宮崎)に選手兼ジュニアチームの指導者として、約半年間関わったが同年9月には独立し小学生のジュニアチームF.C.Brilla(エフ.シー.ブリーラ)を創立。

創立から短期間で、国見高校東福岡高校浜松開誠館前橋育英などのサッカー強豪校へOBを輩出し、少年サッカーの指導者としては一定の評価を得ている。

2016年には、アスランF.C.の鈴木章久監督と一緒に当時青山学院で指導していた宮崎出身の矢野雄彦[4]を誘い、ジュニアユースチームF.C.Volaest Miyazakiの設立をサポートした。

2020年には、T's F.C.の清水寿郎監督、F.C. Brillaの徳重翔大コーチと中高生向けのスクールも開校、地元宮崎から精力的に後進の育成にあたっている。

2021年4月にはF.C.Brillaのジュニアユースチームを設立することを発表した。

所属クラブ[編集]

日章学園高等学校

佐川急便大阪SC

・MSU(テゲバジャーロ宮崎

個人成績[編集]

[1]

脚注[編集]

  1. ^ “[http://www.yk.rim.or.jp/~sage/yokogawa/rp020707.html ����}�֑��r�b�� �ϐ�L]”. www.yk.rim.or.jp. 2020年8月27日閲覧。
  2. ^ 第31回(1996年)~39回(2004年)” (日本語). 関西サッカーリーグ. 2020年8月27日閲覧。
  3. ^ 【佐川急便】チーム名改称と08年のチーム...|ニュースリリース|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>”. www2.sagawa-exp.co.jp. 2020年8月27日閲覧。
  4. ^ ヴォラエスト 監督? の気まぐれ日記”. ameblo.jp. 2020年8月27日閲覧。

入佐英之 - Facebook

F.C.Brilla - Facebook

F.C.Brilla - Instagram