入善パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
入善パーキングエリア
入善スマートインターチェンジ
Nyuzen PA.jpg
入善パーキングエリア(下り線)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 26-1
料金所番号 01-585
本線標識の表記 入善
起点からの距離 277.9 km(米原JCT起点)
黒部IC (4.5 km)
(4.2 km) 朝日IC
接続する一般道 富山県道63号入善宇奈月線
供用開始日 1983年昭和58年)12月13日 [1](PA)
2006年平成18年)10月1日 (SIC)
通行台数 1,160台/日(2019年)[2]
スマートIC 24時間
所在地 939-0625
富山県下新川郡入善町神林
備考 ETC専用インターチェンジ
国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
入善パーキングエリアの位置(富山県内)
入善パーキングエリア
入善スマートIC 下り線側(内側から撮影)

入善パーキングエリア(にゅうぜんパーキングエリア)は、富山県下新川郡入善町神林にある北陸自動車道パーキングエリアである。入善スマートインターチェンジを併設する。

道路[編集]

施設[編集]

売店などの施設はない。

上り線(富山・金沢・福井・米原方面)[編集]

下り線(新潟方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 15台
    • 小型 26台
  • トイレ
    • 男性 大2(和式2・洋式0)・小5
    • 女性 5(和式4・洋式1)
    • 車椅子用 1
  • 自動販売機

スマートインターチェンジ[編集]

2005年平成17年)4月25日から7月24日までの3か月間限定でスマートICが設置され、ETC搭載の普通車軽自動車に限り、米原方面は流入のみ、新潟中央方面は流出のみ可能になった[3]

試験運用が終了後、富山IC方面への通勤利用が好調であったことから、2005年(平成17年)8月1日より供用を再開。2度の延長を経て2005年度いっぱい試験供用が行われることとなった(7月25日から7月31日までは中断)[4]。運用時間は、当初24時間運用であったが、同年10月2日に6時から22時までの運用に変更された[4]

2005年(平成17年)11月14日から大型車対応工事のため一時供用が中止されていたが、同年12月29日に再開。この工事により、ETC搭載の全車種が利用可能となった[5]

試験運用期間に1日平均700台に利用され好調であった結果を基に、正式にスマートインターチェンジとして運用されることとなった。上下線の流出入に対応するため、2006年(平成18年)12月から2007年6月まで休止して改良工事を行い、2007年(平成19年)7月1日11時から上下線の流出入に対応した終日利用可能なインターチェンジとして運用開始した[6]

[編集]

E8 北陸自動車道
(26)黒部IC - (26-1)入善PA/スマートIC - (27)朝日IC

脚注[編集]

  1. ^ 『北陸自動車道20周年記念誌』日本道路公団金沢管理局、1993年3月、71頁。
  2. ^ '19統計にゅうぜん』(PDF)入善町役場総務課、2020年11月、58頁。2021年1月3日閲覧。
  3. ^ 広報入善 No.573 (PDF)”. 入善町 (2005年3月28日). 2020年7月5日閲覧。
  4. ^ a b 広報入善 No.580 (PDF)”. 入善町 (2005年10月27日). 2020年7月5日閲覧。
  5. ^ 入善PAスマートIC年末年始に間に合いました!! ~12月29日よりリニューアルオープン!大型車も利用OK!!~”. 国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所 (2005年12月27日). 2020年7月5日閲覧。
  6. ^ “7月1日 北陸自動車道・入善スマートICの営業を再開します” (プレスリリース), 中日本高速道路, (2007年6月21日), https://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_old/?id=288 2020年7月5日閲覧。 

関連項目[編集]