入江のぶこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
入江 伸子
いりえ のぶこ
生年月日 (1962-05-30) 1962年5月30日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
出身校 成城大学文芸学部卒業
前職 フジテレビ社員
現職 東京都議会議員
所属政党 都民ファーストの会
公式サイト 入江のぶこ(東京都議会議員/港区選出)公式サイト

選挙区 港区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2017年7月23日 - 現職
テンプレートを表示

入江 のぶこ(いりえ のぶこ、1962年5月30日 - )は、日本政治家都民ファーストの会所属の東京都議会議員(1期)。筑波大学附属駒場中学校・高等学校後援会特任理事、学校法人学習院賛助員を勤めている。

概要[編集]

東京都新宿区生まれ。東京都港区赤坂在住。幼稚園から大学まで成城学園で教育を受ける。成城大学文芸学部英文学科卒業。大学生時代に「フジテレビFNNスピーク」でお天気お姉さんをつとめる。フジテレビジョン報道記者の入江敏彦と結婚し、長男を出産。フジテレビカイロ支局長になった夫と長男と共にエジプトのカイロに移り住む。イスラエルエルサレムで次男を出産。

1994年12月、ルワンダ難民取材のためにチャーターした小型飛行機がケニアナイロビで墜落し、夫が32歳で死亡。6歳の長男と生後11ケ月の次男と共に日本に帰国する。

帰国後しばらくして、フジテレビ契約社員として仕事をする機会をもらう。1997年4月 フジテレビ中途採用社員となり、バラエティ制作、フジテレビキッズなどに所属し、主に、子育てや子どもに関するコンテンツの企画やプロデュースをする。女性部長職としてマネジメントも行う。2017年7月に退職。

2017年7月2日執行の東京都議会議員選挙において、港区選出でトップ当選。現在1期目[1]。息子2人は東京大学卒業[2]

著書[編集]

  • 入江のぶこ『自ら学ぶ子どもに育てる~息子2人が東大に現役合格した、ワーキングマザーの子育て術』あさ出版、2020年4月23日。ISBN 9784866672038。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ プロフィール” (日本語). 入江のぶこ(東京都議会議員/港区選出)公式サイト. 2020年11月30日閲覧。
  2. ^ 入江のぶこ(東京都議会議員・都民ファーストの会)の議員情報 | 【SUNチャンネル】もっと政治家を身近に!地方から日本を元気に!”. sun-channel.com. 2020年11月30日閲覧。