入江幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

入江 幸男(いりえ ゆきお、1953年 - )は、日本の哲学者、大阪大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

香川県生まれ。1976年大阪大学文学部哲学科卒、1983年同大学院博士課程単位取得満期退学、同助手。1991年大阪樟蔭女子大学講師、1993年助教授、1994年大阪大学文学部助教授となり、2003年文学研究科教授。2002年「ドイツ観念論の実践哲学研究」で大阪大学博士(文学)。2019年大阪大学を定年退任、名誉教授となる[1]

著書[編集]

  • 『ドイツ観念論の実践哲学研究』弘文堂 2001
  • 『問答の言語哲学』勁草書房、2020

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ポール・ホーリッジ『真理』原田淳平共訳 勁草書房 2016

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 入江幸男教授 略歴・研究業績一覧 (平成三十年度 退職教員略歴・主要業績)大阪大学大学院文学研究科紀要 59, 274-284, 2019-03