入江悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いりえ ゆう
入江 悠
入江 悠
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1979-11-25) 1979年11月25日(39歳)
出生地 日本の旗 神奈川県横浜市
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2002年 -
主な作品
映画
SR サイタマノラッパー』シリーズ
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
22年目の告白 -私が殺人犯です-

入江 悠(いりえ ゆう、男性、1979年11月25日[1] - )は、日本映画監督・映像作家。脚本家。神奈川県横浜市生まれ、埼玉県深谷市出身。3歳から19歳を深谷市で過ごす。

埼玉県立熊谷高等学校日本大学藝術学部映画学科卒業。所属事務所は鈍牛倶楽部

来歴[編集]

  • 1979年 神奈川県に生まれる。
  • 2002年 『OBSESSION』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2003オフシアター部門入選。
  • 2003年 『SEVEN DRIVES』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2004オフシアター部門入選。
  • 2003年 日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。
  • 2004年 『部屋の片隅で、愛をつねる』で第2回うえだ城下町映画祭グランプリ。
  • 2009年SR サイタマノラッパー』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009オフシアター・コンペティション部門グランプリ受賞。
  • 2009年 『SR サイタマノラッパー』で第13回 富川国際ファンタスティック映画祭 NETPAC AWARD(最優秀アジア映画賞)受賞。
  • 2009年 『SR サイタマノラッパー』 第38回モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映。
  • 2009年 『SR サイタマノラッパー』 新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
  • 2009年 『SR サイタマノラッパー』 池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
  • 2009年 『SR サイタマノラッパー』 TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
  • 2009年 東京スポーツ映画大賞、監督賞にノミネート。
  • 2010年 『SR サイタマノラッパー』『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』第9回ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(米国)招待上映。
  • 2010年 『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』第14回 富川国際ファンタスティック映画祭(韓国)招待上映。
  • 2010年 『SR サイタマノラッパー』で第50回日本映画監督協会新人賞受賞。
  • 2011年 『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』第10回ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル/ ジャパンカッツ・フィルムフェスティバル:共催(米国)招待上映。
  • 2011年 『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』第15回 富川国際ファンタスティック映画祭(韓国) 招待上映。
  • 2011年 『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』第31回ハワイ国際映画祭(米国)招待上映。
  • 2012年 第26回高崎映画祭 若手監督グランプリ(『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』)
  • 2012年 『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 香港国際映画祭 正式招待上映。
  • 2018年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員。

その他[編集]

2010年5月23日、自身のブログで「なぜか東京を去る理由」と題して、自身の金銭的苦境を吐露。「映画を見せようと努力すればするほど貧乏になる。それは映画自体や作り手の評価とはまったく別ものだ」と記し、1年以上に渡って『SR サイタマノラッパー』シリーズ2本にかかわり、その間、一切の収入がなく、家賃の支払いが出来なくなり、実家のある埼玉県に越したとされる。

2011年『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』自宅での編集中に東日本大震災が発生。「思わずハードディスクを手で押さえた」とブログで語った。

2011年、マガジンハウス雑誌『BRUTUS』721号監督特集「ライフ・イズ・ムービー」にて、24人の監督(日本人監督として北野武大島渚深作欣二、についで4人目)のうちの一人に選出。

2012年公開『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』野外フェスシーンにて、埼玉県深谷市で3日間のべ約2000人のエキストラを集め撮影を敢行。インディペンデント映画として最大規模の撮影を成功させ、業界の話題を呼んだ。

2017年公開『22年目の告白 -私が殺人犯です-』が3週連続興収1位、上半期ベストの興収成績を達成した。

作品[編集]

映画[編集]

ショートフィルム[編集]

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

ミュージッククリップ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ <31>シネマに身を捧ぐ謙虚な情熱家 入江悠 ニッポン人名鑑(朝日新聞デジタル)
  2. ^ ネスレ日本公式チャンネル、2014年1月21日閲覧。
  3. ^ 集英社:Jump j Books

関連項目[編集]

関連文献[編集]