入江為常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

入江為常(いりえ ためつね、1894年2月7日[1] - 1969年3月3日)は、日本貴族院議員子爵入江為守の子。弟は入江相政。母・信子は柳原前光伯爵の長女で、柳原白蓮の異母姉、大正天皇の生母・柳原愛子の姪にあたる。昭和天皇と「はとこ」の関係にある。後継者として、甥で坊城俊良の次男俊久を婿養子に迎えた。

東京府出身。学習院を経て1914年東京府立一中卒業。東京帝国大学理学部卒業1938年から1947年まで貴族院議員を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.202


日本の爵位
先代:
入江為守
子爵
入江家第2代
1936年 - 1947年
次代:
華族制度廃止