入江経一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

入江 経一(いりえ けいいち、1950年[2] - )は、日本の建築家、工業製品デザイナー・キュレーター・デザインディレクター[1][2]。デザイン教育者。デザイン教育者としての専門はインタラクションデザイン理論やインタラクションデザインプログラム。建築とアート、デジタルネットワーク環境などの境界域で活動を築いてきた人物。多摩美術大学美術学部情報科学芸術大学院大学教授を歴任し[3]、現神戸芸術工科大学大学院/芸術工学部映像表現学科教授[4][5][6]。東京出身。

経歴[編集]

1974(昭和49)年、東京芸術大学美術学部建築科卒業、1976年同大学大学院修士課程修了[7][8]。大学院時代[9]に建築評論も行っていた評論家多木浩二と出会ってMOMAでの都市展(1975年)に向けて1年半のリサーチと制作にかかわり[10]、都市フィールドワークとその理論化を図る[3]

1976~1980年、東京工業大学篠原一男研究室に所属[11]。1980年、入江建築設計事務所設立、1987年、パワーユニットスタジオに改称[12]。1998~2000年、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授。1997年にIAMAS/イアマス・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー講師。2000年から2010年、岐阜県立情報科学芸術大学院大学教授[4][5]を務める。

主な作品と受賞歴[編集]

  • 1980年、逗子海岸の住宅(個人邸,神奈川県)[13]
  • 1983年、八柱の住宅(個人邸,千葉県)
  • 1985年、参宮橋の住宅(個人邸,東京都)
  • 1986年、Zハウス 工業化住宅(積水ハウスと共同開発,茨城県)
  • 1987年、Striped Office(松本会計事務所本社ビル,東京都)
  • 1989年、千葉の住宅(個人邸,千葉県)
  • 1989年、Transfiguration (Brussels)
  • 1991年、モノル(玉川学園集合住宅、神奈川)[6] 1992 『住宅建築』住宅建築賞特別賞受賞
  • 1991年、桜上水展示場積水ハウスisフラット(東京),グッドデザイン賞受賞
  • 1992年、Bean house(東京)
  • 1993年、石打ダム資料館(熊本アートポリス)[14][15][16]1994 'Architecture of the year', 松井源吾賞[17]
  • 1995年、東京世界都市博覧会 メインゲート施設(東京都)
  • 1996年、W house (東京) 1996 吉岡賞[18]
  • 1999年、T house/祐天寺T邸(住居+事務所)[19] 西麻布の住宅
  • 2001年、C house(東京都)[20] Ta House(千葉県)
  • 2002年、Y house(愛知県)Sony PW-1研究所(東京都)[21][22][23]
  • 2003年、奥寺邸(個人邸、東京都)
  • 2004年、O house(東京都)法要寺改装(東京都)[24]
  • 2006年、TESSERA FABRICA 有田焼デザイン食器シリーズ[25]
  • 2006年、INAX eモダン水栓シリーズ グッドデザイン賞
  • 2007年、M house[26]、I HOUSE
  • 2008年、K house(長野県)
  • 2008年、INAX CLシステムキッチン INAX CLバスルームユニット グッドデザイン賞
  • 2010年、Point Perry(港湾厚生施設住宅、静岡県下田市)[27][28][29]
  • 2010年、C House(東京都)[30]
  • 2011年、フォームバス Sphiano グッドデザイン賞
  • 2012年、カーボンファイバー自転車 MINO
  • 2012年、W House(東京都)
  • 2012年、岐阜国体競技場炬火台
  • 2012年、Ghost Trio [31]

展覧会[編集]

インスタレーション作品を出品するなどの活動も早くから行っていた。

  • 1989年、トランスフィギュレーション展(ブリュッセル)
  • 1990年、Prjeject ATLAS展, Store Front, ニューヨーク
  • 1990年、TechnoCulture 91 in Scotland展示, インバネス
  • 1990年、2001年の住宅展, Tokyoドーム, 東京
  • 1990年、建築のラストシーン展, 東光現代美術館, 東京
  • 1991年、キャラバン展(シドニー現代美術館)
  • 1991年、Show Of The Year受賞
  • 1991年、T-Zone展, ロンドン
  • 1992年、InterCommunication'92RemovableReality'展(東京)
  • 1992年、World Design Conference 92', サンフランシスコ
  • 1992年、Removable Reality展, 藤幡正樹と協働, 青山スパイラルホール, 東京
  • 1993年、アルス・エレクトロニカ展, リンツ
  • 1993年、Doors of perception, アムステルダム
  • 1993年、Design Renaissance, グラスゴー
  • 1993年、Architecture and colour展, ロンドン
  • 1993年、A.A scholl Japan studio, ロンドン
  • 1994年、Architecture of the year展, 東京
  • 1995年、横浜国際建築デザイン会議, インスタレーション, 横浜
  • 1996年、「Tokyo Continuum」ベネチア・ビエンナーレ・イタリア館
  • 1996年、VeneciaBiennale展(イタリア館)
  • 1997年、海市展, ICCギャラリー, 東京
  • 1997年、Space Out国際会議(ロンドンICA)講演
  • 1998年、2012年、GAProject展(東京GAギャラリー)
  • 1999年、Robotics展会場構成, ICCギャラリー, 東京
  • 1999年、AA school国際コンペ作品展会場構成, 東京TN prove
  • 2000年、海市展(東京ICC)
  • 2000年、TowardsTotalscape(アムステルダム)
  • 2002年、VRMLヴァーチャルリアリティ国際学会, 慶州
  • 2003年、House Of Tommrrow, メルボルン

作風[編集]

小学館 日本大百科全書「より広いデザインのジャンルのなかで建築とかかわるために、入江の建築やデザインの表現は、建築家としての自らのスタイルの確立というよりも、雑然とした日本の都市とのかかわりを表現したり、形態がつくられるシステムそのものを見せようとする。」「卓越したデザインセンスを備えているというだけではなく、プロダクト・デザインや建築に対してさまざまな方法でアプローチする入江の視線は常に現代都市、すなわち情報化された消費社会と向きあっている。」[32]

脚注[編集]

  1. ^ 小学館 日本大百科全書「建築設計事務所事務所設立後、建築設計だけではなく、書籍やカタログのディレクション、照明や家具、トイレタリーなどのプロダクト・デザインなど多角的な活動を行ってきた。」
  2. ^ 「当時の入江事務所の仕事の比率は1/3がインタラクティブアート、1/3がプロダクトデザイン、1/3が建築の設計でした。ぼくがオープンデスク期間に担当したのもインタラクティブアートが1件、プロダクトが1件、建築の企画書が1件でした」[1]
  3. ^ 小学館 日本大百科全書「教鞭をとるIAMASでは、住空間やオフィス空間におけるひとともののインタラクションを情報技術、コンピュータ技術を用いて解析し、テーブルなどの日常品や部屋が思考や労働を助ける、といった新しい環境デザインを開拓している。」
  4. ^ 入江経一 | IWJ Independent Web Journal” (日本語). 2019年12月9日閲覧。
  5. ^ 【H28年度共同研究班】デザインツーリズムが切り開く未来の地域社会」デザインによる地域空間リソースの再発見 | UNITY(ユニティ)|大学共同利用施設”. 2019年12月9日閲覧。
  6. ^ 『トーキング・マップ/変型地図―神戸芸術工科大学大学院プログラムデザイン・プロジェクト』|感想・レビュー” (日本語). 読書メーター. 2019年12月9日閲覧。
  7. ^ 入江 経一 | NETWORK” (日本語). KIITO. 2019年12月9日閲覧。
  8. ^ Irie Keiichi” (英語). Japanese Architects and Architecture in Japan. 2019年12月9日閲覧。
  9. ^ 小学館 日本大百科全書「東京芸大在学中、北欧に滞在しアルバ・アールトやピエティラ夫妻(Reima Pietila(1923―1993)、Raili Pietila(1926― ))、アルネ・ヤコブセンArne Jacobsen(1902―1971)などのモダン・デザインを生活のなかで経験していた。」
  10. ^ 『多木浩二と建築』(『建築と日常』別冊)
  11. ^ KukanjutsuKoza : Profile”. jp.toto.com. 2019年12月9日閲覧。
  12. ^ 経歴”. web1.incl.ne.jp. 2019年12月9日閲覧。
  13. ^ https://shinkenchiku.online/project/” (日本語). 新建築.online/株式会社新建築社. 2019年12月9日閲覧。
  14. ^ 入江, 経一 (1993-06). “石打ダム資料館〔設計・Power Unit Studio/入江経一〕”. 建築文化 (560): p49–58. https://ci.nii.ac.jp/naid/40001164929. 
  15. ^ 入江経一 | oh! my ブログ”. ohmy.s8d.jp. 2019年12月9日閲覧。
  16. ^ 経一, 入江 (1993-06). “石打ダム資料館〔設計・Power Unit Studio/入江経一〕”. 建築文化: p49~58. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I3506212-00. 
  17. ^ 石打ダム資料館 | TIS & PARTNERS”. 27.0.40.218. 2019年12月9日閲覧。
  18. ^ W House-入江経一 W House-Keiichi Irie”. uratti.web.fc2.com. 2019年12月9日閲覧。
  19. ^ jt9906”. backnumber.japan-architect.co.jp. 2019年12月9日閲覧。
  20. ^ 建築・土木図書専門出版の彰国社”. www.shokokusha.co.jp. 2019年12月9日閲覧。
  21. ^ Y house - 設計: 入江経一 + Power Unit Studio, 池田昌弘 / MIAS 施工: 前田工務店” (日本語). 新建築.online/株式会社新建築社. 2019年12月9日閲覧。
  22. ^ 小住宅の構造”. GA gallery Bookshop/Tokyo Book Center co,.ltd.. 2019年12月9日閲覧。
  23. ^ 『入江経一設計の「Y house」』” (日本語). 喪われた和音を求めて〜プロデューサー日記〜. 2019年12月9日閲覧。
  24. ^ O house - 設計: 入江経一 / Power Unit Studio 池田昌弘 / mias 施工: まつもとコーポレーション” (日本語). 新建築.online/株式会社新建築社. 2019年12月9日閲覧。
  25. ^ グローバルに進化を遂げる有田焼の新たな魅力と可能性を発信。日本の伝統工芸技術を新しいデザインに投影するプロデュース集団“TESSERA FABRICA”デザイン食器シリーズのご案内” (日本語). valuepress. 2019年12月9日閲覧。
  26. ^ Mhouse|別荘建築|NIITSU 新津組:長野県軽井沢、八ヶ岳の別荘建築ならお任せください”. www.niitsu-gumi.co.jp. 2019年12月9日閲覧。
  27. ^ GA house122
  28. ^ dezain.net • 入江経一による静岡の住宅「Point Perry」(DomusWeb)”. 2019年12月9日閲覧。
  29. ^ 伊豆、藤沢、湘南の建築・設計|大同工業|メディア掲載|新建築 2011年6月号に『Point Perry』が掲載”. www.daido-kogyo.co.jp. 2019年12月9日閲覧。
  30. ^ C House-入江経一 C House-Keiichi Irie”. uratti.web.fc2.com. 2019年12月9日閲覧。
  31. ^ GA house125
  32. ^ 小学館 日本大百科全書「逗子海岸の住宅(1980)、八柱(やばしら)の住宅(1983)、参宮橋の住宅(1985)、Bean House(1992)では、建築表現としてのボリュームは安定化、象徴化することなく、いくつかの断片に分割、併置され、内部空間にもさまざまなかたちや要素が入り込んでいる。熊本の石打ダム資料館(1993)、W-House(1996。吉岡賞)、T-House(1998)などの作品ではさらに全体の構造や構成にさまざまな変化がつけられ、建築のプログラムとの楽しげな対応が見られる。東京・町田市玉川学園の集合住宅「モノル」(1991)は複数の住宅関連企業と住宅関連のプロダクトを開発しながら作りあげたプレハブ集合住宅である。」