入江美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1960年

入江 美樹(いりえ みき、1944年8月13日[1] - )は日本のモデル女優ファッションデザイナー。身長165cm。B87cm、W54cm、H87cm(1965年11月)[2][3]

略歴[編集]

入江麻木(左)、美樹(右)1944年頃

本名イリン・ヴェラ[3][4]、元木・ベラ・イリーン[2]として神奈川県横浜市に生まれる[3]。ヴェラという名は父方の祖母の名を受け継いだ[3]。父親が白系ロシア人[4](本名ヴィタリー・ペトロヴィチ・イリーンはロシア貴族の末裔で[2]大連育ちの不動産業者)[2]、母親が日本人[4](元木君江・イリーン[2]、後に料理研究家・入江麻木として活動)。父が日本大学法学部留学していたとき[2]、君江の母が保証人だったことが縁で結婚した[2]ギリシャ正教徒[2]。イリン家は世田谷にあった[3]

幼少期は父母が話すロシア語と、カタコトの日本語しかできなかった[3]。イリン家でアメリカに行く計画があり[3]サンモール修道院[2][3]英語を習う[3]。同校は英語しか話してはいけなかったが[3]フランス語もここで習得[2][3]。日、英、仏、露の四ヵ国語を話せるが[3]、20歳の頃までは日本語は話せても読んだり書いたりはあまり出来なかった[3]。在学中の1958年メイドが『装苑』のモデル募集を見つけ[3]、メイドと二人で化粧をした写真を母には内緒で送ったところ[2][3]、200倍以上の競争率から[3]、2000人の中から1位に選ばれモデルとしてデビュー、デビュー当時は元木信子という芸名を名乗った[2]。入江美樹という芸名は永六輔が付けた[2]ファッション誌を飾り、テレビに出始めると学校から再三再四注意を受けたため、高校を二年で中退[2]。日本人の通う高校に転校を考えたが、英語が上手すぎて敬遠されたり、逆に漢字が弱かったりで断念[2]

「マドモアゼル」創刊号表紙(1960年中村正也撮影

1964年4月、アメリカラスベガスデザート・インで開催された第1回インターナショナル・ファッション・フェスティバルで[2]森英恵のモデルとして[2]、世界11ヶ国から集まった50余人のモデルの中で第一位に選ばれ「世界で一番美しいモデル」の称号を得る[2]。日本に於ける混血モデルの元祖はヘレン・ヒギンスとされ[2]、入江は第二号とも評される[2]

日本テレビ系『シャボン玉ホリデー』にマスコットガールとして出演。1965年第16回NHK紅白歌合戦の審査委員を務める。1966年勅使河原宏監督の映画『他人の顔』に出演。

1968年9月、指揮者小澤征爾と結婚。小澤ヴェラとなる。結婚後はファッションデザイナーとして活動。レディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」などを手がける。

征爾との間に生まれた長女の小澤征良エッセイスト、長男の小澤征悦俳優となった。

その他[編集]

歌手の吉田拓郎は入江美樹のファンだったことから、楽曲提供者として「入江剣」という別名を用い、酒井法子の1990年のシングル『幸福なんてほしくないわ』の作曲などでクレジットされている[5]

著書[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

広告[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 入江麻木『バーブシカの宝石』p.150(講談社、1987年)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「表紙の人 入江美樹 世界一美しいファッション・モデル ベラちゃん」『週刊朝日』1964年7月17日号、朝日新聞社、 24–26頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「男難の相をもつ世界一のモデル ロマンチックな恋愛にあこがれるロシア貴族の末裔 入江美樹」『週刊文春』1965年11月8日号、文藝春秋、 90–94頁。
  4. ^ a b c 「表紙モデルインタビュー 入江美樹 撮影・秋山庄太郎」『週刊現代』1966年10月6日号、講談社、 26頁。
  5. ^ 幸福なんてほしくないわ/酒井法子 音楽ダウンロード - mora